« えっ?大阪公演があるの?~X JAPAN~ | トップページ | メイちゃんの執事・第5話 »

2009年2月14日 (土)

ありふれた奇跡・第6話

加奈(仲間由紀恵)は藤本(陣内孝則)に立ち会ってもらって翔太(加瀬亮)に子供が産めなくなった理由を話す。

そして、1人で帰っていく。できるだけ時間をかけてじっくり考えてほしいと言い置いて。

藤本も翔太に「すぐに結論を出すなんてことはせずじっくり時間をおいて考えろ」と諭すが、翔太はその足で加奈の家に訪ねる。

.

加奈はまだ戻っておらず、祖母の静江(八千草薫)が翔太を快く迎えてくれる。

静江は加奈のつきあっている相手が翔太でうれしいと喜んでくれる。

そして、もうちょっと長生きしたらひ孫が見られるわね~と楽しそう笑う。

それを聞いた翔太はつい自分は子供なんていらないんですと言ってしまう。

加奈の負担にならないようにとかばった発言だったが、静江は激しく困惑する。

そして、翔太のこの一言が中城家と田崎家にじわじわと広がり、大きな波紋を起こすことに・・・。

・・・。(敬称略)

.

先週、加奈の気持ちがわからないと書きましたが、今回で藤本にしてほしかった役割がわかってちょっと理解できました。

ただね~、ほんとに加奈って段取りの人なんですね。

今頃気付きました。

ああして、こうしてと言っているのを見ていてちょっと引いてしましました。

.

それと、中城家と田崎家で、どんどん結婚の話が進んでいくのにかなり違和感が。

こんなものなのかな~。

知り合ってまだそんなに経ってないのに、こんなに親が先走るなんて・・・。

まあ、「シルヴィーナさん」を会話の間にはさんだりして、そういう先走りをコメディにしてたりするんでしょうが・・・。

あのシーン、「シルヴィーナさん」が出てきて思わず、ウッホと笑ってしまいました。

朋也が微妙に目が泳いでいて、お爺ちゃんは全然気付いてなくて、ツボにはまりまくりです。

.

とにかく、翔太の静江への発言を加奈がちゃんと理解してくれてホッとしました。

彼が突然家に押しかけたのも、あの発言をしたのも、普通なら怒ってしまう出来事だし。

意外にも加奈が落ち着いて受け止めたことに、翔太という人の性格に慣れてきてる気がしました。

自分の思いをすぐに伝えたい、苦しい思いを持ち続けてほしくない、そんな思い一心だったんでしょうね。

.

ただ、問題は加奈自身がどう気持ちを整理していくかってことなんでしょうけど。

.

親の立場にいる人も、失恋なり、隠してる趣味があったり、ふらふらしていたりと好きにやってますけど、きっと派手に両家を巻き込んでいるから、家族の力で乗り越えていくんだろうなあ~と思ってます。

.

|

« えっ?大阪公演があるの?~X JAPAN~ | トップページ | メイちゃんの執事・第5話 »

2009年冬ドラマ」カテゴリの記事

コメント

>ああして、こうしてと言っているのを見ていてちょっと引いてしましました。
たしかにね~
加奈って頭で考えすぎなんじゃ?とかって思いました。
で、実際は加奈の想像したとおりには進まないから、そこでまたストレスが生まれるんでしょうね。
>朋也が微妙に目が泳いでいて、お爺ちゃんは全然気付いてなくて、ツボにはまりまくりです。
やっぱり重夫が言っちゃいましたね。
これだから、油断できないって朋也はますます結婚反対の態度になっちゃいそうです。
女装の件がどんなふうにばれるのか、楽しみだったりして・・(笑
>とにかく、翔太の静江への発言を加奈がちゃんと理解してくれてホッとしました。
私もほっとしました。
翔太はホントに不器用な青年ですが、加奈の痛みをわかろうとしているし、思いやってますもんね。
加奈がもっと楽に生きられるようになればいいんですが・・・

投稿: きこり | 2009年2月14日 (土) 15時58分

こんばんは~、きこりさん!

>加奈って頭で考えすぎなんじゃ?とかって思いました。

ああ、ほんとに頭で考えすぎですよね。

>で、実際は加奈の想像したとおりには進まないから、そこでまたストレスが生まれるんでしょうね。

それって、損な性格ですよね。
相手にぶつけてみないとどんな反応をするかなんてわからないと思うんですけど。
でも基本受身な翔太とは相性がいいのかな。

>これだから、油断できないって朋也はますます結婚反対の態度になっちゃいそうです。

うふふ。あれはなんかものすごくおかしかったです。
朋也は絶対に結婚反対だあ~~!って思ってそう。

>女装の件がどんなふうにばれるのか、楽しみだったりして・・(笑

そそ、ハラハラするとかじゃなくて、単純に楽しみですね~。ただ、お爺ちゃんには秘密にしておいてあげたいかな。ショックが大きいと思うので。(笑)

>私もほっとしました。
翔太はホントに不器用な青年ですが、加奈の痛みをわかろうとしているし、思いやってますもんね。

あんなに真剣に押しかけてくれる人は早々いないんじゃないでしょうか。いい人ですわ。
ただ、いつの間にか二人のボルテージがあがっていてついていけてない部分もあるんですよね。
部屋でキスをして気持ちが一つになったのかな。

>加奈がもっと楽に生きられるようになればいいんですが・・・

多分、加奈が楽に生きていけるように彼女自身が変化していくんでしょうね。それを見たいなあ~と思っています。

投稿: とわ@きなこ庵 | 2009年2月16日 (月) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありふれた奇跡・第6話:

» 「ありふれた奇跡」 第6回 [トリ猫家族]
 さて、翔太(加瀬亮)への「子供が産めない」発言と 藤本(陣内孝則)の「手を出そうとした」事件の後、加奈は集合をかける。 コレって、例会?  お互いにキマヅイ同士3人でいっぺんに合って解決してしまおうって感じも・・(*^-_ゝ-)ゞ  しかも、藤本には翔太が来る...... [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土) 15時59分

« えっ?大阪公演があるの?~X JAPAN~ | トップページ | メイちゃんの執事・第5話 »