« トライアングル・第4話「衝撃の告白」 | トップページ | キイナ~不可能犯罪捜査官~・第2話 »

2009年1月30日 (金)

相棒7・第13話「超能力少年」

母親、順子(濱田マリさん)が「子供が銀座のクラブに強盗が入ると予知した」と、息子を連れて警察にやってくる。

処理に困った刑事は「特命係」にこの件を押し付ける。

親子の話を聞いた右京(水谷豊さん)は、「私はお化けと超能力は信じています。」と真摯に話を聞いていると、そこへ銀座のクラブで強盗事件が発生したという連絡が入る。

「やはりうちの息子には超能力があるんだわ!」

発奮する母親。

右京は鑑識の米沢(六角精児さん)を巻き込んで捜査をはじめる。

・・・。

.

今回の相棒は米沢さんでした。

右京さんと米沢さんが組むと最強かもしれない・・・。

真相を二人で分け合って話してるシーンなんて、今までになかった展開で感動してしまいました。

.

米沢さんはゲーム話で小学生と仲良しに。

完全に友達扱いされてましたね・・・。(笑)

右京さんも彼と仲良くなりたいみたいでチョコを喜んでプレゼントしていたり。

ちょっと意外な一面を見ました。

.

あと、イタミン、芹ちゃんに「すっかり超能力を信じてるんですね。」

的確な芹ちゃんの突っ込みに大笑いしました。

.

超能力だと思われた「お告げ」は、歯の詰め物による電波受信だったなんて。

なんともおもしろい真相でしたが、とても細やかなシーンの積み重ねで納得させられてしまいました。

.

とにかく今回は米沢さんが大活躍。

米沢ファンの私にはとてもうれしかったです。

.

|

« トライアングル・第4話「衝撃の告白」 | トップページ | キイナ~不可能犯罪捜査官~・第2話 »

2009年冬ドラマ」カテゴリの記事

コメント

今回の相棒は童心がいっぱいでした,とわさん。
 主人公が少年だったせいばかりでもないでしょうが,米沢君も,右京さんもすっかり少年に帰って,珍妙なる捜査をしていました。楽しそうでしたね。この2人の共通項は,いつまでも失わない「童心」だと思います。
 肝心の殺人事件の方は,すっかりかすんで,三人の超能力少年の三者三様の「童心」に満ちた活躍にすっかり食われてしまいました。
 主人公の少年は,あのママゴン(古いなぁ,この言い方)に振り回されて,いつも可哀想な思いをしています。それを知った右京さんは,奇想天外な種明かしをして,実は少年が「人間ラジオ」であることを示し,「超能力」の呪縛から解放してあげます。
 普通の子供の子供らしい幸福を何とか取り戻してあげたいと思うのが,右京さんの優しさなのです。
 では,少年は,結局のところ,超能力者ではなかったのでしょうか?
 どうもそうではないようですね。だって,それではどうして右京さんが珍しいチョコレートをプレゼントしようとしていることを少年は知ったのでしょうか。右京さんは,誰にも語らなかったはずです。
 そう,少年は,実はテレパス(読心超能力者)なのです。これは,ママゴンも気づいていない。右京さんはそれを見破ります。彼は「お化けと超能力は信じる」男なのです。
 しかし,彼はそのことは黙っていて,誰にも言いません。騒ぐと,また少年は可哀想なことになるからです。そっとしておいてあげるのが,右京さんの「大人の優しさ」なのです。
 手品の種明かしをしながら,もう一つ別の手品にかけてしまうという名人芸に,この話の作者たちの「遊び心」を感じました。
  せつだかんじ:チャングム評論家,ゴンゾウ評論家

投稿: 摂田 寛二 | 2009年1月30日 (金) 22時37分

こんばんは~、摂田さん。

>この2人の共通項は,いつまでも失わない「童心」だと思います。
 
そういばそうですね。
米沢さんなんて一発で友達になってましたからね。
あまりゲームを知らない私には二人が何を言ってるのかさっぱりわからなかったですが。

>それを知った右京さんは,奇想天外な種明かしをして,実は少年が「人間ラジオ」であることを示し,「超能力」の呪縛から解放してあげます。

お母さんは意地になってましたから、解放されて良かったです。息子の様子を知りたくて盗聴器をしかけていた父親もちょっと変わってましたね。

>普通の子供の子供らしい幸福を何とか取り戻してあげたいと思うのが,右京さんの優しさなのです。
 
右京さんも米沢さんもそうでしたね。
大人として立派だな~と思いました。

>それではどうして右京さんが珍しいチョコレートをプレゼントしようとしていることを少年は知ったのでしょうか。

あれ・・・そんなシーンがありましたか。
見逃したんでしょうか・・・。

>そう,少年は,実はテレパス(読心超能力者)なのです。これは,ママゴンも気づいていない。右京さんはそれを見破ります。

ママゴンも気付いてないんでしょうが、私も全然気付きませんでした。(笑)

>手品の種明かしをしながら,もう一つ別の手品にかけてしまうという名人芸に,この話の作者たちの「遊び心」を感じました。

でしたら摩訶不思議なお話だったんですね。
私としてはあの子にはまったく超能力がなかった方がいいんだろうなと思います。あればいつかはあの母親にバレてしまいそう。。。知れば我慢できなさそうですし。

投稿: とわ@きなこ庵 | 2009年2月 1日 (日) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相棒7・第13話「超能力少年」:

« トライアングル・第4話「衝撃の告白」 | トップページ | キイナ~不可能犯罪捜査官~・第2話 »