« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 特命係長 只野仁スペシャル »

2009年1月 2日 (金)

相棒2009元旦スペシャル「ノアの方舟」

空港の爆破に続き、クリスマスイブに東京で大規模な停電が起こる。

すぐに地球温暖化阻止を掲げる環境保護団体「ジャッカロープ」から犯行声明文が警視庁に届けられる。

そんな中、小野田(岸部一徳さん)は瀬田法務大臣(渡哲也さん)に呼び出され、自分の息子が行方不明の上、「ジャッカロープ」の行ったテロに関わっている可能性があると相談を受ける。

小野田は右京(水谷豊さん)にそのことを告げ、隠密裏に息子の行方を捜して欲しいと依頼する。そして、右京のサポートとして、法務省から派遣されてきた官房長補佐官・姉川(田畑智子さん)を紹介する。

・・・・・・。

.

今回の右京さんの「相棒」は女性でした。

でも、女性が入ったのに、いつもより地味に感じたのはなぜ。(笑)

.

ただ、真面目で落ち着いているかと思えば、無鉄砲に飛び込んでいくし、犯人に飛びついて捕まえようとするしで、右京さんを慌てさせてました。

特に右京さんが冷静さを装いながらも特命係の部屋を飛び出していくところ、おお!とちょっと感激しました。

薫ちゃんがいたときにはあまり見られなかったシーンなので、こういうところが出てくるとうれしいです。

もし、女性が相棒になるのなら、もう少し個性的でちょっとした特技があるキャラ設定がいいかな。

.

お話自体は結構、単純でしたね。

鉄道爆破というミスリードも一度しかなかったし、右京さんサイドで危機感をあおられるということもなかった。。。犯人は二転三転しましたが・・・。

豪華客船が舞台なのに、こじんまりした展開だったのもちょっと残念でした。

.

それと、右京さんの説明セリフが多くて、前半ちょっとしんどかったんですね。

でもこれは今までもそうだったのかもしれないけれど・・・。

.

あと、ラスト近くの法務大臣と犯人のやりとりは圧倒されました。

渡哲也さんの存在感ってすごいですね。。。

一筋縄ではいかないキャラで、右京さんと対決する役なんだろうと勝手に思っていたんですが・・・、意外でした。

.

それから、、、お約束のイタミン。ひとりの年末アピール。

ありましたね~♪

これは絶対に毎年いれてもらわないと!来年も待ってます。(笑)

.

今回、冒頭でもおもしろいシーンが。

停電になった時に環が暗闇の中で、「イデッ!」って言ってるんですよね。

そして、その後のクリスマスケーキに右京さんの冷ややかな視線、笑ってしまいました。

.

.薫ちゃんと美和子がいなくなったから、こういう箸休め的な笑いの部分は他の人達の役割になってくるんでしょうけれど、、、。

イタミン、ヒマ課長あたりが主に担当するのかな。。。

もしかして、環が隠していた天然を炸裂させてしまうのか・・・。(笑)

.

さて、姉川は法務省に戻って行きました。

右京さんはまたひとり。次もまた新たな相棒が登場するんでしょうか。

「相棒」がどこに向かうのか、ちょっと見るのが楽しみになってきました。

.

と書きながら、次回予告では、特命係をよくのぞいている刑事さんが撃たれる模様。

もしかして、「相棒」メンバーが次々といなくなってしまうんじゃ・・・、そんな心配がふと浮かび、ゾッとしてしまいました。

それはちょっと勘弁してほしいです。。。

.

また、今回のスペシャル中に流れた「鑑識米沢守の事件簿」のCM.。

長いバージョンで、かなり内容が明らかに。

いやあ~米沢さん、カッコいい~。

3月28日公開みたいですが、早く観たい~。早く観たい~。

ほんと、待ち遠しいです。。。

.

|

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 特命係長 只野仁スペシャル »

2009年冬ドラマ」カテゴリの記事

コメント

とわさん,A Happy New Year!
 同居している長姉85歳の体調が悪く介護が大変で,今TVを観ている暇がなかなかありません。そんな中,これだけはと思って,相棒を一生懸命に観ました。
 2時間を超える長尺作品に少し疲れましたが,感想は貴女とほとんど同じでした。
 田畑智子がもう少し面白いかと期待していたのですけれどねぇ。
 彼女としては,設定通りに真面目に地味にやっていたのでしょうけれど,わずかに目玉の大きさをいろいろに変えるだけの控えめな演技で,難しい心理を表現していました。
 目玉の大きさを自在に変える演技が面白かったと言えば,津川雅彦の十八番を思い出しますが,津川も田畑もそして渡哲也も,山羊座生まれなのですね。真面目で重厚な雰囲気の中に独特の存在感を出すのが役割と言うわけです。それって,若い彼女には少し重荷だったかなぁ。
 ドライな平成の小悪党がいろいろ出て来るなかで,真犯人のテロリストは,昭和のウェットな情緒を過多に持った復讐心の固まりでした。
 右京さんが,動機を完璧に把握して謎解きをするラストでは,渡法務大臣も加わって,生真面目な昭和の涙が流れます。私たち老トルにはたまらない場面ですが,右京さんに「年を感じる」のは私だけでしょうか。
 あんまり長く船に乗っていたせいか,もともと弱い私など,すっかり船酔いしてしまいました(おとそのせいばかりでもないと思います)。
 今年も,とわさんの元気なブログが見られて楽しみです。頑張ってください。
  摂田寛二:チャングム評論家,ゴンゾウ評論家

投稿: 摂田寛二 | 2009年1月 3日 (土) 07時16分

摂田さん!明けましておめでとうございます!

>同居している長姉85歳の体調が悪く介護が大変で,今TVを観ている暇がなかなかありません。そんな中,これだけはと思って,相棒を一生懸命に観ました。

大変ですね。
寒い時期ですので、摂田さんも体調を崩されませんように。お体大切にしてくださいね。

私も「相棒」を楽しみにしていました。

>2時間を超える長尺作品に少し疲れましたが,感想は貴女とほとんど同じでした。

ひょおお~、そうですか。
私はちょっと冷静に書きすぎたかなと思ってたんです。でも摂田さんもそうでしたか・・・。
ちょっとうれしいです。
相棒がどう転がっていくのか、見届けたいです。

>彼女としては,設定通りに真面目に地味にやっていたのでしょうけれど,わずかに目玉の大きさをいろいろに変えるだけの控えめな演技で,難しい心理を表現していました。

あまり特徴のない女性でしたから、演じにくかったかもしれないですね。彼女自身はチャーミングな女優さんなんですけど。。。

それに捜査の初心者という立場から、右京さんに一から説明されるシーンが多く、どうしても右京さんのセリフが多く感じられてしまってテンポが悪く感じられたりしましたしね。

>目玉の大きさを自在に変える演技が面白かったと言えば,津川雅彦の十八番を思い出しますが,津川も田畑もそして渡哲也も,山羊座生まれなのですね。真面目で重厚な雰囲気の中に独特の存在感を出すのが役割と言うわけです。それって,若い彼女には少し重荷だったかなぁ。

摂田さんは西洋占星術がお好きなんですね。俳優さんたちの星座まで把握されてるなんて。
ドラマスタッフの方達も配役を考える時に星座をチェックされているんでしょうか。

>右京さんが,動機を完璧に把握して謎解きをするラストでは,渡法務大臣も加わって,生真面目な昭和の涙が流れます。私たち老トルにはたまらない場面ですが,右京さんに「年を感じる」のは私だけでしょうか。

お話的にはそれほど年を感じることはなかったですが、田畑さんが若いからか、右京さんがちょっと老けてみえたような気はしました。。。

>今年も,とわさんの元気なブログが見られて楽しみです。頑張ってください。
 
ありがとうございます。
相棒スペシャルがあったおかげで、こうしてお正月のご挨拶を摂田さんにさせていただくことができました。
「相棒」にお礼を言わないといけません。。。

お姉さまの介護で大変なのに、こんな稚拙なブログにカキコミをしてくださったこと、恐縮するとともに感謝しています。
お暇ができましたら、ぜひどんどん遊びにいらしてください。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: とわ@きなこ庵 | 2009年1月 4日 (日) 00時57分

とわさん、こんばんは。
今年も「相棒」からお世話になります。

「バベル」や「カシオペア」から見ると地味な正月スペシャルでしたね。
>鉄道爆破というミスリードも一度しかなかったし、右京さんサイドで危機感をあおられるということもなかった。。。
>豪華客船が舞台なのに、こじんまりした展開だったのもちょっと残念でした。
もう少しスピード感やスケール感が欲しかったですね。
田畑智子、渡哲也、中本賢とゲストは好演だったんですけどね。
ラストで右京さんはカメラに背を向けて、姉川は向かって右にと消えていきました。
違う形でこのコンビがまたあるかもしれませんね。

とわさんにとって2009年が素敵な年になりますように。

投稿: sannkeneko | 2009年1月 4日 (日) 20時24分

sannkenekoさん、こんばんは。
今年もお世話になります。。。

>「バベル」や「カシオペア」から見ると地味な正月スペシャルでしたね。

地味でしたね。
「相棒」は再放送が多い上、自分でも録画してあったりするので見直すこともあって、つい比較もしてしまいます。。。

>ラストで右京さんはカメラに背を向けて、姉川は向かって右にと消えていきました。
違う形でこのコンビがまたあるかもしれませんね。

あらたな相棒ファミリーですね。
あるかもしれないですね。
でも、今度はもう少し彼女の良さを出してほしいです。薫ちゃんが野生のカンがするどかったように(笑)彼女も何か。
無鉄砲で右京さんをふりまわしてるところはウケたんですけど。

>とわさんにとって2009年が素敵な年になりますように。

sannkenekoさんにとっても素敵な年になりますように。「相棒」でお話できるのを楽しみにしています。

投稿: とわ@きなこ庵 | 2009年1月 6日 (火) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相棒2009元旦スペシャル「ノアの方舟」:

» 「相棒 season 7」第10話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
空港爆破事件と都心でのクリスマスイブの大規模停電。 ”エコテロ”と行方不明の法務大臣の息子。 第10話『ノアの方舟』 [続きを読む]

受信: 2009年1月 4日 (日) 20時09分

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 特命係長 只野仁スペシャル »