« ドリーム・プレス社「森三中さん達らのダイエット続報」 | トップページ | ブラッディ・マンデイ・第4話 »

2008年11月 1日 (土)

宮部みゆき著「楽園・上下巻」

「楽園」(上・下)を読みました。

この作品が刊行されたのは、たしか去年の夏。

その頃、図書館では40人待ちでした。

ふと思い出してそろそろ借りれるかな~と思って問い合わせしてみると、いつでも貸し出せますよとのこと。

それじゃあってことで借りてきて読みました。

.

ライターをしている前畑滋子のところにある女性がやってくる。

12歳で亡くなった息子の絵について調べてほしいというのだ。

その絵は16年前に起こった殺人事件のもので、彼はその事件が発覚する前にそれを書いていたのだという・・・。

.

「楽園」は、「模倣犯」の続編にあたる作品です。

といってもかなり雰囲気の違う別件の物語。

主人公の前畑滋子だけがつながっているだけ。

でも、やはり「模倣犯」から読んだ方がいいと思います。

「模倣犯」の方が人気はあると思いますが、私としてはこちらの方が好きでした。

.

「模倣犯」も、ある人物の葛藤しながらの成長に感動しましたが、こちらもそう。

そして、こちらは人のつながりをより温かく感じることができます。

.

長編の小説なので、前畑滋子と共に真相を探るという長い旅をすることができました。

いい作品でした。

もう一度、「模倣犯」も借りてきて読み直そうと思ってます。

宮部みゆきさん、やみつきになりそうです。

.

.

楽園、上下巻。 模倣犯の方は文庫本でも出ています。

|

« ドリーム・プレス社「森三中さん達らのダイエット続報」 | トップページ | ブラッディ・マンデイ・第4話 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮部みゆき著「楽園・上下巻」:

» 「楽園(上・下)」宮部みゆき著、読んで見ました。 [GOCCIの男を磨く旅(笑)]
「楽園(上・下)」宮部みゆき著、読んで見ました。「楽園(上・下)」宮部みゆき著、読んで見ました。何の予備知識なしで読み始めたんですが、前に読んだ名作「模倣犯」の続編的な作品だったんですね。分厚い単行本2冊なんですが、スイスイ読むことが出来るレベルである事は間違いです。が、しかし「緊張感」や「ドキドキ感」は「模倣犯」と比べかなり低くなっているように感じました。各々なエピソードについては丁寧に書かれてはいますが、重要であると思われる 「茜」がそこまで悪くなった経緯、「シゲ」の恐喝やその他の悪行の動機、「... [続きを読む]

受信: 2008年11月 6日 (木) 06時35分

« ドリーム・プレス社「森三中さん達らのダイエット続報」 | トップページ | ブラッディ・マンデイ・第4話 »