« 映画「容疑者Xの献身」観てきました。 | トップページ | 相棒7 スタートスペシャル「還流・密室の昏迷」 »

2008年10月22日 (水)

チーム・バチスタの栄光 第2話

愚痴外来の田口(伊藤淳史さん)と厚労省の白鳥(仲村トオルさん)は二人でチーム・バチスタの調査をはじめる。

まず、一人目は看護師の直美(釈由美子さん)。

彼女は術中死が起こったのは自分のせいだして愚痴外来でも泣き崩れる。

どうも自分の器械出しのタイミングが遅いから桐生(伊原剛志さん)の負担になり、それが術中死につながっているのだというのだ。

田口は直美に同情してしまうが、白鳥は彼女には何か隠していることがあると疑う。

.

直美の隠し事は、チーム・バチスタの看護師になるために、ライバル看護師の不倫を暴露した手紙を桐生に届けたということだった。

自信なげで、儚い印象の直美は、実はかなりの野心家で、チーム・バチスタに参加して自分に箔付けしたかったのだった。

話を聞いた田口と白鳥は、直美にそれ以上の隠し事がないと察し別の人物に注意をむけはじめる。

.

そんな中、アフリカの内戦で被弾した少年兵が搬送されてくる。

治療中に重度の拡張型心筋症が発見され日本で受け入れることになったのだ。

マスコミの注目する中、行われたバチスタ手術は見事成功。

ほっとする一同だったが・・・。

白鳥は、大人は死に子供は成功する傾向がますます顕著になったとして、手術中にメンバーによって殺人が行われているという疑いを強める。

.

.

初回、とっても気になった田口の声のトーンが今回はまったく気にならなかったです。

白鳥との会話が漫才みたいにテンポよくておもしろいですね。

今後の楽しみになりそう。

お話としてはまだまだ、キャラにもなじめていない状況なのでなんとも言えないですが・・・。

次回も見たいと思いま~す。

.

|

« 映画「容疑者Xの献身」観てきました。 | トップページ | 相棒7 スタートスペシャル「還流・密室の昏迷」 »

2008年秋ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/42865487

この記事へのトラックバック一覧です: チーム・バチスタの栄光 第2話:

» ドラマ『チーム・バチスタの栄光』第2回と『セレブと貧乏太郎』第2回 [子育ちP's 航生L(気分は冥王星)Q2.8]
田口泣きすぎ  小説版の人物造形とのズレを感じて、伊藤淳史が演じる”田口”に馴 [続きを読む]

受信: 2008年10月22日 (水) 13時50分

« 映画「容疑者Xの献身」観てきました。 | トップページ | 相棒7 スタートスペシャル「還流・密室の昏迷」 »