« 土曜ワイド「警視庁電話指導官 深川真理子の事件簿」 | トップページ | くいだおれ太郎、文楽人形になる&切手シート »

2008年6月 8日 (日)

おせん・第7話「新メニュー開拓 塩麹漬け」

今回はかなり遅くなりました。

ちょっと忙しくて・・・。

日々、本当にいろんなことが起こりすぎって感じです。。。

.

江崎(内博貴さん)は味噌蔵で「塩麹」のカメを発見する。

彼はおせん(蒼井優さん)にそれを使ってあらたな一升庵の看板料理を開発しましょうと提案する。

おせんも本気になって「塩麹」にいろんなものを漬け込む毎日。。。

料理人として成長してきた江崎に留吉(向井理さん)はどんどん焦り始める。 

そんな時、留吉は飲み屋でつい自分が一升庵の板前であることを言ってしまい、その上、お客の煽りに乗って板場にたってしまう。。。

一升庵の板前の料理を食べられたお客は大喜び。

けれど、たまたまその様子を見ていた珍品堂(渡辺いっけいさん)はそれをおせんに話してしまう。

おせんから相談を受けた板長の清二(杉本哲太さん)は激怒し、留吉に板場への出入りを禁止する。

留はおせんにやめさせてほしいと告げ、一升庵から出ていく。

.

.

こうやって出ていった留ですが、最後は一升庵の看板料理を提案して、それが認められ無事一升庵にもどりました。。。

おせんは「来るもの拒まず、去るもの追わず」なんて言ってましたが、看板料理を考えてほしいと彼のバイト先に訪ねていきました。

なんていうか、予想通り、あまりサプライズのない平板な展開でした。

私としてはあまり感動することもなく、終了したのでちょっと拍子抜けしました。

.

「板場の責任は板長の責任」といいながら、看板料理の開発に、板長さんはまったく関与しないっていうのも不思議な感じがしました。

.

しか~し、豚の塩麹漬け。チロチロと豚が焼かれる様子はとっても食欲をそそりました。

私も味噌漬けは大好きで、いろんなものを漬けて焼いたりしてますが、塩麹漬けも楽しそうですね~。きっと味噌よりまろやかそう。。。

試してみたいです。。。

|

« 土曜ワイド「警視庁電話指導官 深川真理子の事件簿」 | トップページ | くいだおれ太郎、文楽人形になる&切手シート »

おせん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おせん・第7話「新メニュー開拓 塩麹漬け」:

« 土曜ワイド「警視庁電話指導官 深川真理子の事件簿」 | トップページ | くいだおれ太郎、文楽人形になる&切手シート »