« 鶴瓶の家族に乾杯・ゲストは筒井道隆さん(後編) | トップページ | ホカベン・第2話「親子を救うたった一つの法律」 »

2008年4月23日 (水)

おせん・第壱話「食は人を信じる心・・・対決!天然若女将VS電子レンジの女王」

いいですね。おせんちゃん。

蒼井優さんの個性とドンピシャ。

まさに、はまり役です。。。

それにかわいい。着物姿に目が釘付け。

魅了されてしまいましたよお~ 

.

春ドラマで断トツ、お気に入りドラマになりそうです。

料理を作り終えた後の、「おまっとうさんでした」に、ジ~ンとしたりして。

.

最近、自分でも、もっと食材を大事に、丁寧に料理を作りたいなと思っていたところだったので、このドラマにど~っぷりはまってしまいそうです。

.

.

江戸から続く東京・下町の老舗料亭「壱升庵」。

時代に流されない本物の料理を作りたいと、おさない頃からあこがれていた壱升庵の門を叩いた若き板前・江崎ヨシ夫(内博貴さん)。

だが、そこの女将・おせん(蒼井優さん)は、かなり風変わり。

酒豪で昼間からお酒の匂いがプンプン。

時代の流れとは別のところで、無垢で一途に「おせん流」の一流のおもてなしと料理をお客に提供している。

.

現代的な普通の生活をしてきたヨシ夫は、板前として働きはじめたものの、そんな「おせんが作る壱升庵の思想」に初日からとまどうことばかり。

通常の料理の常識さえ、壱升庵では通用しないのだ。

.

例えば、フロフキ大根は面取りも隠し包丁もしない。

だし汁はにぼしの頭とワタをとらずに、そのまま一日水につけておき、上澄みを出汁として使う。

そして、角がとれないように5時間弱火でそっと煮る。

もったいなから、煮干は丸ごと使うし、大根も使い切る。

せっかく手間をかけるんだったら、時間をかけてでも使い切る手間をかけようと心がけているのだ。

.

兄弟子から従業員の給料は5万円(住み込み)と聞いて「いまどきそんなことがあるのか」とヨシ夫は驚愕する。

なのに、おせんはひと目ぼれした器を200万でポン、と購入。。。

料亭の庭に置いて、野ざらしで飾るという・・・。

ヨシ夫はその感覚にまったくついていけない・・・。 

.

おせんの天真爛漫さにもあきれて、グチグチ、ボヤキまくるヨシ夫・・・。

「給料5万って、時給100円だぞ 

そんなやすっい給料で、従業員働かせて、

自分は200万で土鍋のお化けみたいもん買う女将ってどうなの?

それも、朝から酒飲んで、骨董抱いて風呂入ってるんだぞ 

 クラクラ~  

お前、腹立たないの?  」

.

ここ、かなりおかしい~~。。。

ヨシ夫の表情、大ウケです。。。

.

ヨシ夫は、ついにおせんや壱升庵のやり方を信じられなくなり、即効で辞めると言い出す。。。

「勝手なお願いなんですが。今日で辞めさせてください」とヨシ夫。

二日酔いのまま、ぼんやりとヨシ夫をみつめるおせん。

「はい・・・??

もう・・・ですか? 短気な人ね。

なんだって、そんなに早くは、うまくはいかないと思うけどな・・・」

「時代に流されたくないと思ってここにきました。

でも、あこがれの壱升庵も俺の幻想でした。

・・・時代遅れです。

お世話になりました」

「そうですか・・・。

元気でやってくださいね」

「おせんさんも、どうぞ、お元気で」

「よっちゃんさん。最後にひとつ・・・。

・・・ビールもってきて・・・」

「・・・ (顔がひきつるヨシ夫)」

.

お布団の上でのゴロゴロするおせん。

かわいくて、色っぽい~。この雰囲気好きですわ。。

「短気な人ね」ですって。かわいすぎっ!

去るものは追わず、来るものは拒まず。来た時も去る時も気持ちよく・・・頓着しないおせんです。。。

.

時代に流されたくないと言って、壱升庵にやってきたヨシ夫。

でもほんとに時代に流されていない壱升庵では落ち着かず、時代遅れだと言って辞めていく・・・。

なんとも心が大きく揺れているヨシ夫です。

.

壱升庵を去ったヨシ夫は、偶然、おせんが料理対決することを知り・・・。

おせんが心をこめて料理する姿を初めて見るヨシ夫。

そして、こっそり彼女の作った料理を口にする。。。

「 ・・・  」

.

このときのヨシ夫の「うまいっ!」って顔、とってもいい!

料理ドラマには欠かせない、「おいしいの顔」ですね。

.

早速、おせんに会いにいくヨシ夫。

「食べる人の胃の具合、食べる人の気持ち、そこまで推し量るおせんさんの心遣い。

俺にはわかった。俺には見抜けた。心底しびれったっす」

物陰で聞いた仲居頭のシズ(余貴美子さん)の解説をそのままおせんに語るヨシ夫。

素直にうれしそうに微笑むおせん。。。

ヨシ夫は再び、壱升庵にもどりたいと頼み込み、おせんにあっさりと受け入れられる。

「よっちゃんさんは気の変わりやすい人ですね~」

「もう二度と変わりませんよ。さっ、壱升庵に帰りましょう~」

.

相当なお調子者ですが、なぜかにくめないヨシ夫です。

今後、た~っぷり笑わせてくれると期待しています。 

.

おせんはヨシ夫に言う。。。

「わっちには、豆腐の素性なんかわかんない。

わっちは、(料理を)こさえた職人さんの腕と人柄が信じられれば、それでいい。

壱升庵の料理は手間を惜しまず、人を信じることからはじまるんでやんすよ。

よっちゃんさん、信じられる料理人になってくださいね」

.

心が決まったようで、やる気満々になったヨシ夫でした。

.

ただし、給料5万という、時代遅れ金額には、まだまだ慣れないようで・・・。

「タ~~、忘れてた~~、給料5万だったよお~」

.

.

おもしろい! おもしろい!

料理ドラマは、やっぱりたまりませんね~。

毎回の、お料理と「おいしい」って顔、待ってます!

.

ほんと、おせんはかわいいし、ヨシ夫はひょうきんだし。

壱升庵の面々の雰囲気はいいし、珍品堂の主人(渡辺いっけいさん)もおもしろ絶好調だし。

言うことなしですね。

「おせんの壱升庵の思想」、今後どんなのが出てくるのかとっても楽しみです。

.

今期、一番楽しみなドラマになりそうです。 

.

|

« 鶴瓶の家族に乾杯・ゲストは筒井道隆さん(後編) | トップページ | ホカベン・第2話「親子を救うたった一つの法律」 »

おせん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おせん・第壱話「食は人を信じる心・・・対決!天然若女将VS電子レンジの女王」:

» おせん 第壱話:食は人を信じる心…対決!天然若女将vs電子レンジの女王 [あるがまま・・・]
優ちゃん、かわゆ〜い{/heart/}ラブリヾ(@>▽ [続きを読む]

受信: 2008年4月23日 (水) 21時49分

» 強引にまとめた。(絶対彼氏#1・2、おせん#1、ホカベン#1) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
ちゃんと見てるんだけど、12連勤とかで書く暇がないw2週まとめてとか、休みの日に手抜きの合併号でなんとかやりくりさて最後まで残るのは何本かwヒロイン3人と共演してるσ(●゜∇゜●)って(爆)『絶対彼氏』タイタニック号のように沈没した速水もこみち&相武紗季の...... [続きを読む]

受信: 2008年4月24日 (木) 00時52分

» 「おせん」第1回 [トリ猫家族]
 う〜ん・・・まずまずの掴みかな〜 でも、すっごくおもしろいよ!!と言えるほどではないんだよな〜  パフォーマンスで客を呼んできたレストランに見切りをつけて 「時代に流されたくない」と言って「一升庵」へやって来た江崎ヨシ夫(内博貴)の 案内でドラマは始....... [続きを読む]

受信: 2008年4月24日 (木) 12時12分

» おせん〜第1話 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
おせんですが、料理人・江崎ヨシ夫(内博貴)が老舗料亭・一升庵に転職します。江崎は女将(由紀さおり)の「大きくなったら家に来なさい」という子供の頃の社交辞令を未だ覚えていますが、今の女将・半田仙(蒼井優)は昼間から酔っ払っています。江崎のことは履歴書も見ずに雇います。(以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2008年4月24日 (木) 15時06分

» おせん vol.1 食は人を信じる心・・・対決!天然若女将vs電子レンジの女王 [美味−BIMI−]
−この国を見よ!  道路にははみ出さんばかりに自動販売機が並び、  コンビニにハンバーガーショップ、弁当屋、牛丼屋、コーヒー屋、立ち食い、  和・洋・中様々なファミリーレストランが軒を連ね、選ぶのに迷う程だ。  スーパーやデパ地下に行けば、パック詰めの肉や魚の切り身に  個別包装のお惣菜。  買ったら、あとは袋を破りレンジでチンして並べるだけ。皿を洗う必要はない。  お茶はもちろん食事中のお酒だって、ペットボトルにスチール缶。  皿やグラスを洗う手間も要らない。便利で... [続きを読む]

受信: 2008年4月25日 (金) 18時23分

« 鶴瓶の家族に乾杯・ゲストは筒井道隆さん(後編) | トップページ | ホカベン・第2話「親子を救うたった一つの法律」 »