« 相棒・第12話「狙われた女」 | トップページ | 未来講師めぐる・第3話「美少女・禁断の愛」 »

2008年1月25日 (金)

鹿男あをによし・第2話「鹿になっちゃった」

なに、このまったりとした、ほっこりとした味わいのあるドラマは!

大好きですわ~(≧∇≦)

最高におもしろい!!!

.

.

「先生は【運び番】に選ばれた。お前さんが日本を救うんだよ」

早朝の公園、小川(玉木宏さん)の前にあらわれた鹿はそう言う。

混乱して下宿に逃げ帰る小川だったが、鹿が再び接触してくる。

鹿には頼みごとがあって、小川に早く自分の役目を把握してもらわないと困るのだ。

鹿は言う。

「先生はこれから京都に行く。

そこで渡されるものを無事に私のところに届けてほしい。

それがお前さん、【運び番】の役目だ。

それは、しかるべき時にしかるべき相手から渡される。

相手は京都伏見稲荷のきつねの【使い番】の女だ。

お前さんはその【使い番】から大事なものを渡される。

我々がいう【め】、人間の間では【サンカク】といわれてるもの。

我々にとってもお前さんたちにとっても唯一無二の大事な宝だ。

神無月の間に、きっちり役目を果たしてもらう。

・・・でないと日本は滅びる」

小川は、呆然と鹿の話を聞いていた。

.

そうこうしてるうち、学校は【大和杯】の話題でもちきりに。

奈良女学館にはほかに姉妹校が京都と大阪にあった。

その3校で毎年剣道の大会【大和杯】を開き、実力を競っていた。

ちなみに、奈良はしか、京都はきつね、大阪はねずみがシンボル。

.

剣道の経験がある小川は、藤原(綾瀬はるかさん)に強引な誘われ剣道の顧問にさせられてしまう。

藤原の話では、もうすぐ京都で親睦会が開かれるという。

それは【大和杯】の優勝カップを京都に集めるために大会前に行われるものだった。

そして、剣道部の優勝プレートをみんなは【サンカク】と呼んでいるらしい。

.

【サンカク】【京都】【きつね】、鹿の言った言葉がすべて揃った。

驚きながらも、小川は鹿の話を信じはじめる。

.

剣道部の顧問の小川と藤原は、親睦会出席のため京都へ出かけていく。

.

小川は、その親睦会で、京都女学館の剣道の顧問長岡(柴本幸さん)の美しさに見惚れる。 長岡は姉妹校の男性教師からも絶大な人気を誇っていた。

小川はその長岡が【きつねの使い番の女】だろうと推測する。

.

だが彼女が動く気配はなく、教頭のリチャード(児玉清さん)が優勝カップと【サンカク】を車に乗せ、奈良へ帰っていった。

.

「しかるべき時にしかるべき相手から渡される」鹿からそう聞かされていた小川は拍子抜けする。

そんな彼に長岡がようやく声をかける。

「先生・・・持って帰ってほしいものがあるんです」と。

小川はやはり長岡が【きつねの使い番】だったのだと確信し、受け取った箱を大事に持って帰る。

.

その夜、小川の下宿先に訪れた鹿の前で【サンカク】を披露する小川。

けれど、中からあらわれたのは、京都の和菓子八つ橋だった・・・。

長岡は、八つ橋が大好きな福原(佐々木蔵之介さん)のためにお土産としてそれを渡したのだった。

.

八つ橋を見て、小川のあまりの頼りなさに愕然とする鹿・・・。

「目の前で【サンカク】が奪われた!こののろまめ!!!」

小川は反論するが、鹿はそれを聞こうとはしない。

「先生は、我々のために働いているんじゃない!

お前たちのために我々が働いてやってるんだ!

神無月の終わりまでまだ時間はある。

ねずみに宝が奪われたんだ!

ねずみから宝を取り返せ!

さもないと、日本が滅びることになるぞ!」

鹿は、ふがいない小川に「印(しるし)」をつけ、立ち去る。

「元にもどして欲しければ、我々に会いに来い」

.

翌日、小川が鏡を見ると、彼の顔が鹿になっていた・・・。

.

.

最後の鹿になった小川。大笑い!

これで笑うなんて・・・と思いながらも、笑いがとまらなかったです。

まさにツボにはまったという感じ。

ハートが捕まれっぱなしですわ~。。。

.

ヘベレケになってる藤原のニッパア~とした笑顔がかわいいこと。

藤原を無視して長岡に寄っていく男性陣。 それを見ての藤原のほけ~とした表情もおかしかったこと。

.

藤原をおんぶしての帰り道。

長岡のことをうれしそうに話す小川。

私は藤原に後ろから首を絞められるんじゃないかと、ちょっとハラハラしました。(笑)

.

長岡は福原に「八つ橋」の贈り物。彼女は福原が好きなのかな。

.

ねずみに奪われた【サンカク】ですが、リチャードが怪しいと思いますね!

意外と野心があると言われてましたし。。。

だからどうなのか、まるで想像がつきませんが。(笑)

.

あと、私も「八つ橋」は大好き。

福原が次々口に入れて頬張ってましたが、あれでしゃべるって大変です。

きなこがついているので、あんなことをすると、むせます。(笑)

でも、おいしそうでした~。。。

.

近鉄電車で京都にむかう小川を見送ってる鹿が、なんともかわいかったです。

あの表情、たまりませんね。。。

このドラマを見てると、奈良に行きたくなります。

それと、日本酒が飲みたくなりますね。(*^-^*)

チビチビ、味わいながら飲む姿がとても素敵。

大人の飲み物って感じです~。

.

.

どういう風に展開していくのか予想もできないドラマですが、来週も楽しみにしています。

|

« 相棒・第12話「狙われた女」 | トップページ | 未来講師めぐる・第3話「美少女・禁断の愛」 »

鹿男あをによし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿男あをによし・第2話「鹿になっちゃった」:

» 「鹿男あをによし」第二回 [トリ猫家族]
[続きを読む]

受信: 2008年1月25日 (金) 15時17分

« 相棒・第12話「狙われた女」 | トップページ | 未来講師めぐる・第3話「美少女・禁断の愛」 »