« 相棒・第10話 | トップページ | 日記。 »

2006年12月15日 (金)

田中さん?

この間、仕事関連で人に会う約束をしていて、待ち合わせ場所にすこし遅れていった私。

.

ほとんど面識がない方だったので、記憶を探るようにして一人の男性に声をかけた。

「すいませんっ。遅れてしまいました。田中さんですか?」

飛び掛らんばかりの勢いで私にそう聞かれた男性は、目を丸くして必死に首を振った。

「いえ、山本ですっっ!」 と。

アチャー、間違えちゃった。。。と思いながら、私は丁寧にお詫びをいって別の方を探した。

数分とはいえ遅れたので、気持ちがどんどん焦る、焦る。

待ち合わせ場所をぐるぐるとまわったけれど、それらしい人はいない。

どうしたもんかと思案して、そこでようやく相手の携帯番号を聞いていることに気づいて、携帯に電話をしてみた。

電話が通じてちょっとホッ。

「あの、○○社の田中太郎さんでしょうかっっ?」

「いえ、山本ですっっ!」

へっ?

この声は・・・。

この山本さんは・・・!会ったはずだあ~っっ!

私は、さっき声をかけた人を目で探した。

そうすると、すこしはなれたところで携帯で話してる山本さん・・・。

.

獲物をみつけた豹のように、全速力で山本さんに駆け寄る私。

「すみませんっ!・・・○○社の田中さんですよねっっ?」

「いえ、山本ですっっっ」

へっ?

しばし混乱で、言葉がでない私。

獲物の本心を探るように私の目が山本さんを凝視する。

どういうこと???

なんで田中さんは自分のことを山本だと言うの??

なんで?なんで?田中さんはいないのか???

山本さんは携帯から顔を離し、強張った表情で私を見ている。

怯えてる・・・目がまん丸だ・・・。そんなに私が怖いのか・・・。

.

「あの・・・山本さん? ・・・田中さんじゃ?」

「いえ、山本ですっっ」

へっ?

頭の中はもう大混乱で、呆然と山本さんを見つめる私。

私の前で固まっている山本さん・・・。

.

気を取り直してもう一度・・・。

「・・・あの・・・あの○○社の・・・田中太郎さんでは?」

「・・・○○社の・・・山本・・・太郎です」

へっ?

・・・なに? どういうこと??

でも・・・。

太郎は一緒・・・。

太郎は一緒? 

太郎は一緒・・・。

ええ?山本さん??

私は半信半疑でちょっと聞いてみた。

「あの・・・、もしかして田中さんじゃなくて、山本さん・・・ですか?」

「・・・はい」

ええっっっ~~!!!

私の中で常識だったものが、覆った瞬間だった。

ぐらり、、、と地面が動いたみたいだった。

「まっ!間違えてたんですかっっ?私・・・?

あなたは、たっ田中さんじゃないんですかっっ!!!」

必死で相手に尋ねる私。

「はい・・・」

「・・・た、田中さんじゃなくて・・・山本さんだったんですね・・・」

「はい」

.

ようやく真相にたどり着いた私は、平謝り・・・。

ほんとすいません・・・山本さん相手に、田中さんじゃないかって何度も何度も大声で聞いて・・・。

でもあまりの間違いに私はしばらく放心状態でした・・・。

.

念のため、その後、こっそり手帳でお名前を確認しました。

山本太郎さんを田中太郎さんだと完全に!完全に!思い込んでいたのでした。

山本さんに怖い思いをさせて申し訳なかった・・・と反省しました。

.

いい方だったから、数分後には怯えてたことも忘れたかのように笑ってらしたけれど・・・。

なぜ、田中さんと山本さんを間違えたかというと、その前に会ったのが田中さんで、誰かの話に別の田中さんが登場して、なんだか今日は田中さんが続くな~と思ってたんですね。それで、次に会う、山本さんも田中さんに変わってしまったという・・・。

人の名前って覚えられないんですよ。。。

とほほでした。

|

« 相棒・第10話 | トップページ | 日記。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田中さん?:

« 相棒・第10話 | トップページ | 日記。 »