« ちびまる子ちゃんSP | トップページ | 11月になりました。 »

2006年11月 1日 (水)

役者魂!・第3話

むふふっ、良かったです。。。役者魂!やった~!!

.

大福大食い大会での、あの本能寺の食べっぷり。ものすご~い。

それにいい表情してました。

いったんは、こんなバラエティに出てられるか!と、たすきをはずしたものの、「演劇がバラエティに負けてもいいんですか!」という瞳美の言葉に、演劇人としてのプライドを刺激されたのか、むんずと大福を掴み、口に運ぶ本能寺。

一口食べた途端、そこは大好物の鶴亀本舗の粉いっぱいの大福。

頬がゆるむ・・・。(笑)

粉で顔を白くしながら、幸せそうにニコニコ、時折ガッツポーズをしてみせる本能寺。大食い大会で優勝までしてしまう。

このときの瞳美のニカっと笑った表情も最高!

おかしくてたまらない! 

偏屈で融通のきかないベテラン俳優本能寺が、うれしそうに大福を頬張る姿がおかしくて。 バラエティ番組への出演依頼殺到というのも頷けます。

本能寺って、大福で完全に操れますね。ぐふっ!

.

瞳美の妄想、今までは、どこかつまずいた人を妄想していたけれど、今回は幸せになる人ばかりの前向き編でした。

「人生ってなんて素晴らしい!」というセリフもあって。

仕事が気にいっていて順調にすすむと妄想まで明るくなって。。。楽しかった~。

.

忠太の「やじるし」のイタズラもかわいかった。

社長が急に思いついて、「伝説の壁走り」をするのもおかしかった。この社長、結構好きです。変な魅力にはまってしまいそう。(笑) 香川さん、はまり役じゃないでしょうか。

.

マモルは、リナにランチに誘われる。

「マモル君ってさ、なんか人生ついてない感じよね。二枚目になりかけて、なりそこなったという感じ。いるじゃない~。幸運の女神とタッチ寸前ですり抜けられちゃう人って」 

リナに無邪気にそういわれるマモル。

二人は「ロミオとジュリエット」風になるそうだけれど、悲劇じゃなくて、どうもリナに振られそうな・・・結末になりそう。(笑)

「これ、デートですよね?なら、僕が払います」 

決めるところは決めてくるマモルです。

.

忠太は父親が本能寺でないことに気づいてしまう。本能寺が桜子の話の矛盾を追求し、アントーニオがその矛盾を決定的にしてしまったせいなのだけれど。。。

「繊細そうでバカだわ、あのオカマ」 桜子から責められ泣きだすアントーニオ。

それを聞いた、瞳美は、忠太に言ってきかせる。

「私、3歳のとき、両親が亡くなって、人生うらんだわ。でもこうも思った。人生なんていいも、悪いもなくて、どう見るかなんだって。忠太には遠くにいるけれど親もいるし、そばに姉もいる。 しあわせ、楽勝だって思わないと。そう思うと、毎日たのしいかも」

その話に、深く感じいって泣いたのは、忠太ではなく、マモルだった。

忠太は納得できず、不満顔・・・。

瞳美に使われてるマモルっていい。 不服そうに承諾するわりに、仕事は誠意をもってきちんとこなしてくる。 

ドラマの中で見たくなったときに、ちょうど出てくる感じで、なんかうれしい。

瞳美の生い立ちを知ったり、自宅にいるアントニオを何者かと気にしたりしてるところを見ると・・・、瞳美のことも気になる?でも瞳美とのロマンスはないのかな?

.

舞台のお客の入りが悪く、このままでは赤字になるということで、本能寺自らがバラエティに出て宣伝をすることに。 社長命令で瞳美は本能寺をなだめすかしてテレビ局へ。

1回目は失敗。2回目は本能寺の扱い方をしっかりマスターして大成功。

大福早食い大会。そのあまりの本能寺の食べっぷりに驚愕した人たちが、劇場に殺到、満員で立ち見も出る盛況さ。 

「何年ぶりだろう、あんな満員の小屋で芝居をするのは。芝居をわかる人だけ見てくれたらそれでいいと思っていたけれど、満員のお客さんの前で芝居をするのはうれしいもんだな・・・」 満員のお客に素直に喜ぶ本能寺。。。

テレビの威力もちょっとわかったかのよう・・・。

.

気を良くし、演劇への意欲を取り戻した?本能寺は、突然、リナにダメ出しをすると言い出し、話の流れで瞳美のマンションにやってくる。

瞳美、本能寺、マモル、リナ、子供の桜子、忠太、アントーニオの7人が揃う。いつになくにぎやかな瞳美宅。

自然と話は、本当の父親は誰?と不安定な気持ちを引きずったままでいる忠太のことに。

本能寺はそこで、忠太にこれからは彼のことも桜子とともに自分の子供として扱うと約束する。

.

とりあえずは安心した忠太が「おやすみなさい」というと、口々に返ってくるみんなの「おやすみなさい」の声。

一人で生きてきた瞳美は、それにしみじみ感動する。

「おやすみなさいは家族の数だけ聞こえるんだ。

家族ってそんなものなんだ・・・。

胸にしみこんできたこの温かさはなんだろう。

たとえ本当の家族でなくても、私はずっとここにいたかった・・・」

.

本能寺を頂点にした7人の疑似家族(アントーニオの役割は?だけれど)の出来上がる。

.

「おやすみなさい」は家族の数だけ聞こえる。 なんでもない言葉だから、気づいてなかったけれど、ほんとにそう・・・。ほんとにそうですね・・・。感動しました。

眠りにつく人に、「おやすみなさい」と言ってあげる。

そこにいる人達のあったかい心が浮かび上がる言葉。

「いってらっしゃい」と「おかえりなさい」も同じですね。

.

エンディングは今回はマモル編でした。

事務所にある舞台衣装を次々と着ては、ポーズをとるマモル。最後は瞳美に叩かれて終わり。 4回は誰が担当するんでしょう。リナかな。社長も入ってほしいな。(笑)

とにかく、いい感じです。役者魂!

この役者魂!とともに、私はクリスマスとお正月を迎えたい。。。

一番、楽しみにしているドラマです。

来週も楽しみ~♪

|

« ちびまる子ちゃんSP | トップページ | 11月になりました。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

段々と本能寺を操る術を身につけてきた瞳美(笑)。
粉いっぱい大福と役者魂をくすぐる術を味方に
これからの奮闘も期待ですわ~♪

投稿: まこ | 2006年11月 3日 (金) 00時28分

ほんとうま~く操ってますね。瞳美。
でも、操縦するコツをつかむのが早い早い。(笑)

マネージャーとしての奮闘ぶりも見ていて楽しいですね。
マモルがそんな瞳美の「子分」になって走り回ってるのも
いいし。子供達もかわいくなってきたし。。。
役者魂はキャラ全員が好きなので来週も楽しみです♪

投稿: 都羽子 | 2006年11月 3日 (金) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 役者魂!・第3話:

» フジテレビ「役者魂!」第3話:涙の大食い選手権 [伊達でございます!]
第1話・第2話の感想に「もはやこれまで」「リタイアしそう」と書きましたが、今日の第3話は、いい感じじゃないですか。登場人物間の“会話のキャッチボール”が魅力的でした。 [続きを読む]

受信: 2006年11月 2日 (木) 23時35分

» 役者魂! 第3回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『涙の大喰い選手権』 [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 00時34分

» 『役者魂!』 第3回 「涙の大喰い選手権」 感想? [つれづれなる・・・日記?]
まったくもって方向性見えず。どこに行きたいのでしょうかね? もしかして、このドラマのテーマって「絆」? 次回はとりあえず、転がりそうな感じはあるので・・・。 でも、そろそろ何か見えてほしいような。 [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 01時01分

« ちびまる子ちゃんSP | トップページ | 11月になりました。 »