« 特命係長・只野仁スペシャル | トップページ | 「おいプロ」公式BBS閉鎖!&アンフェア映画化など »

2006年9月24日 (日)

YOSHIKI、ハリウッド映画進出

ちょっと大きなニュースが飛び込んでまいりました。。。。

.

YOSHIKI、もうファンになって5年くらいでしょうか。

あるトーク番組を見て、破天荒な発言に天に突き抜けている

のか、底が抜けているのか、わからないおもしろい人だなぁ~と

と興味をもったのがきっかけ。

それからDVD「THE LAST LIVE」を見て、こんなすごいバンド

があったんだ!と、あまりの迫力にすっかりファンになってしまい

ました。

今朝、ファンサイトを見ていると、タイトルのようなニュースを

みつけ、さっそくネットニュースの記事を見てきました。

.

YOSHIKI(40)が米国映画「カタコンベ」(07年夏公開)の

音楽を手がけ、ハリウッド本格進出することになった。

エンディングで使用される主題歌「Blue Butterfly」などを担当。

同作はサスペンススリラーで世界公開も決定。

ホラー映画で人気を呼んだ「SAW」シリーズのプロデューサー、

グレッグ・ホフマン氏の最新作。主演は若手女優の注目株

シャニン・ソサモン。新感覚のサスペンススリラーだ。

製作サイドは日本公開バージョンのみでのテーマ曲を要望した

が、今作のメガホンを執る新鋭トム・コーカー、デヴィッド・エリ

オット両監督がYOSHIKIの音楽を知って関心を持ち、オリジナ

ルバージョンでも起用したいと熱望した。

歌はユニット「VIOLET UK」でニナという名の米国人女性ボ

ーカル。YOSHIKIは「怖い映画はあまり好きじゃないけれど、

この作品はアーティスティックで気に入った。(映画を)見て感じ

たままに表現した。人間の性や本質を描きたかった」とコメント

を寄せた。

日本公開は07年夏。ラストだけでなく、オープニングの曲も

担当するという。

(スポーツ報知からの引用)スポーツ報知の記事

他、東京中日スポーツ

.

それから、東京中日スポーツの方ではこういう記事も、

「X-JAPAN」の東京ドームライブのDVDを年末から来年に

かけて全4作品を発売。93年から、解散した97年までの

ドーム公演のもようが収録される。初めてパッケージ化される

公演もあり、YOSHIKIのコメントや未公開映像なども満載。

.

ライブ映像が大好きな私からすると、うれしいニュースです。

でも、きっと高くて買えないと思う・・・。 (T_T)

.

まあ、映画はすでに撮りおわり、編集段階にあるようなので、

企画だけで流れたなんてことはもうないでしょう。

YOSHIKIは、自分以外はすべて外国人で構成される

VIOLET UKというユニットを結成していて、(ただしメンバーは

彼以外、流動的)今回はそのユニットの曲が採用されたみたい。

.

映画に使われると曲は注目されるんでしょうね。よくわからない

んですが・・・。(笑)それより何より映画本編の出来が良けれ

ばいいのですが。

サスペンススリラー、来年の夏が楽しみです。

【追加】

明日のズームイン朝でこの関連が取り上げられるようです。

ファンの方は、要チェックです。

|

« 特命係長・只野仁スペシャル | トップページ | 「おいプロ」公式BBS閉鎖!&アンフェア映画化など »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YOSHIKI、ハリウッド映画進出:

« 特命係長・只野仁スペシャル | トップページ | 「おいプロ」公式BBS閉鎖!&アンフェア映画化など »