« 弁護士のくず・第6話 | トップページ | おいしいプロポーズ・第5話(前編) »

2006年5月20日 (土)

富豪刑事・第5話&クロサギ・第6話

富豪刑事デラックス

お爺様が、???

かつてすごい悪徳なことをしてきたと折々に語るお爺様。

なのに、あっさりと?あんなに簡単に?

今回はお爺様らしくなかったですわ。(笑)

シロサギ(アカサギ?)を喰うクロサギのように、

豹変してくだされば、お爺様の魅力倍増でしたのに。。。

それともお爺様にとっては、遊園地をたったひとつ作るくらい

の小さな恋だったということでしょうか・・・。う~ん。

美和子が首をかしげっぱなしなのも理解できるというもの。

お爺様は確かにお気に入りキャラですが、焼畑署の面々に

捜査もさせてくださらなければ・・・なんのためにいるのか・・・。

で、なぜみなさん、カレーライス??おいしそう・・・。

美和子シャベリはこの辺にしておいて、(笑)

クロサギの感想へと参りましょう。

クロサギ

ようやく、やっと、神志名刑事の過去が明らかに。黒崎も

それを知ることに。

そして、今回は彼の捜査と、黒崎の詐欺、どちらが先に完結

するかの競争になった。結局は黒崎が今回は一本とった形。

これからも神志名は異様な覚悟で黒崎を追い詰めていくん

でしょう。

桂木は退屈から脱するためなら死んでもいい。喰らい合う様

を見て、楽しもうとしている。まるで死神のような存在・・・。

いまのところはそんな風に見えますね。

神志名にいためつけられている黒崎をみつけ、間に割って

入ってそれをとめる氷柱。肩を貸して部屋までつれていく。

はじめて氷柱に助けてもらった?黒崎。いいシーンだった。

看病する氷柱は、黒崎の部屋でいろんなものを見て、彼の

哀しさを知り、想いはどんどん深くなる。

氷柱は彼の心の奥底に深く入り込んでいく。

黒崎は氷柱を拒絶しながら、でも決定的に遠ざけようとは

しない。この二人はどうなるんでしょうね。。。

友人のゆかりも黒崎を想っていて、はじめは氷柱の気持ちを

試すために黒崎との間を応援して、なんて言ってたけれど、

すぐに思い直して、氷柱に宣戦布告。ずるくなくて、フェアな子。

それで、とうとう三角関係に。

友情は保ったまま、戦って欲しいもの。泥沼はやだな。

とにかく、にわかに騒がしくなってきました。

恋愛モードが強くなってくると、山下君がカッコ良く見えてくる

のはなぜ?いや、元々カッコいいのは良くわかっているんだ

けれど。

どうも本題の詐欺の部分が難し目なのと、海千山千のオジサ

ン達が、若い黒崎をあっさり信用することに少し違和感を持って

見ていたせいか、同年代の女の子との恋が出てくると、

なんとなく自分の中で、バランスがとれてきて見やすくなった気

がする。

|

« 弁護士のくず・第6話 | トップページ | おいしいプロポーズ・第5話(前編) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富豪刑事・第5話&クロサギ・第6話:

« 弁護士のくず・第6話 | トップページ | おいしいプロポーズ・第5話(前編) »