ようこそ~、きなこ庵のとわです(ご案内)

【記事はに】 new bell嫌われる勇気#6(不定期) (2/24)  

tv ああ、録画早く見たい。「スリル!赤の章」(*゚▽゚)ノ

●OSAKAの一大事というカテゴリーあります(*^m^)

★左メニューに視聴中のドラマをリストアップしてます。気まま者のブログですので気ままに読んでみてくださいね◆ココログのいいね、いつもありがとうございます。うれしくて感謝しています●TB、コメント現在は閉じています

|

2017年2月23日 (木)

嫌われる勇気・第6話 不定期感想

2月16日放送分のあらすじ(第6話)

 蘭子(香里奈)が男性(堀井新太)に路上で抱き付く姿を見た青山(加藤シゲアキ)は、蘭子は男性の言葉を信じてだまされるタイプに違いないと大騒ぎ。それに対し大文字(椎名桔平)は、「信用」と「信頼」の違いを論じる。そんな中、めい子(相楽樹)の元恋人・諒(渋江譲二)の遺体が河川敷で発見され、彼と不倫関係を告発された遥(知花くらら)の関与が疑われる。事件当日の諒の足取りを探る蘭子は彼がめい子と会う約束だったとにらむ。

【Yahoo!ドラマより】

***************************

.

レビューは書いてませんが、嫌われる勇気も見ています。

あまり視聴率はよくないみたいだけれど、私はわりと好き。

いつの間にか、蘭子に恋をしてしまった青山(加藤シゲアキ)のボルテージがどんどんあがってきていて、ちょっと目が離せません。(笑)

蘭子は飄々としていて、どこ吹く風って感じですが。

.

.

特に印象に残った第6話。レビューしますね。

.

今回は監察医の相馬めい子の回。

めい子の元カレ、諒が遺体で発見。

蘭子はめい子から、つきあっていた時のことなど根掘り葉掘り聞きだします。

まったくソリが合わない二人、緊張感が漂います・・・。

.

めい子は諒と、4年前までつきあっていました。

交際期間は8年。

それを聞いた青山は思わず、「長っ!」とうなります。

.

プロバスケットボールの選手だったけれど、怪我で選手生命を断たれ、その後、転職を繰り返し・・・浮気はするわ、ヤケをおこすわで、結局は愛想が尽きて別れてしまったそう。

.

めい子って、セクシー系の知的美人で冷静沈着。

寄ってくる男性多く、よりどりみどり、あれこれと吟味してそうな・・・そんな雰囲気の人だったのに。

意外にも実態は、ひとりの男性と8年もじっくりとつきあってきたなんて。

しかも、花形選手じゃなくなっても、かなりの期間見守ってきたとか。

.

無駄な時間を過ごしてしまったわと溜息まじりに言ってましたが、私はこのギャップに俄然、惹かれてしまいました。

もう興味津々。

.

そのめい子は、4年前の別れ際、諒から4年の間にちゃんとするから待っていて欲しいと言われ、約束の日時にその場所に行ったんです。

その場所にいるわけがないと思って少し遅れつつ。。。

「あなたのことなんて待つわけないでしょ!」と言っていたのに、8年だけでなく、そのあと、4年も待って約束の場所に。

けれど、諒はその場所にはおらず、翌日遺体で発見されてしまった・・・。

.

蘭子は、諒が4年かけて教師の資格をとり、赴任する学校も決まっていたことをめい子に伝えます。

しかも、諒もその日、約束の場所に行ったけれど、知り合いに助けを求められて、そちらへと駆けつけてしまったことも・・・。

.

諒は夫から虐待をうけている女性の力になりたくて、駆けつけたんですが、ふたりを見た夫は浮気していると逆上。

夫は諒を殴打し、川で溺死させてしまったのでした。

.

「大切な人が変わると言ったことをなんで、信じてあげられなかったんですか?

傷つくのを恐れて逃げたんでしょう?」と蘭子。

「怖いに決まってるじゃない。好きだから。裏切られたらめちゃくちゃ傷つくの」

「傷ついたら、とことん悲しんだらいいんです」

「・・・もし私と先に会っていたら、殺されることはなかったかな・・・」

めい子の言葉に、蘭子は。

「それでも困った人に助けを求められたら、諒さんは駆けつけたんじゃないですか?」

「・・・そうね。昔からそんな人だった・・・」

.

めい子は無念さに静かに泣いて耐えるしかなく・・・。

蘭子は少し離れたベンチに腰掛けて、その哀しみに寄り添うようにたたずんでいます。

.

.

傷ついたら、とことん悲しんだらいい、単純明快だけれど、なかなか怖くてできないもんですよね・・・。

蘭子はこれからそれを実践してみせてくれるんでしょうか。

.

ただ、ひとつだけ。

助けにきてくれた諒が殴られ、殺されそうになっているのを、妻はオロオロするばかりで止めに入ろうとはしなかったんですよね。

彼女がすこしでも勇気を振り絞ってくれていたら、そう思わずにはいられない事件でした。

.

.

そして、蘭子の課題。

蘭子は誘拐された後、両親が離婚。

弟は母親のもとへ。蘭子は父親にひきとられたそう。

その父親は蘭子が高3のときに失踪。15年たったいまも行方不明のまま。

これに犯罪心理学の専門家、大文字(椎名桔平)がからんできそうです。

.

ドラマはそろそろ後半へ。

蘭子自身の謎がメインになってきそうですよ~。

.

.

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;; ;;;:*☆*:;;;;;:*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

.

.   

にほんブログ村 テレ

ビブログ テレビドラマへ 

| | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

増山超能力師事務所・第7話 感想

あらすじ 2月16日放送分(第7話)

 明美(ルウト)は2級検定試験を不合格に。増山(田中直樹)は、明美の初仕事にと用意していた葵(真野恵里菜)という女性の身辺調査を篤志(浅香航大)に任せる。篤志が子ども用品店に勤務する葵を尾行すると、彼女が立ち寄った喫茶店に明美が現れた。葵の同僚・宮田(落合モトキ)と幼なじみの明美は2級合格と偽り、葵の依頼を受ける。葵は他の同僚からのいじめに遭っていた。

【Yahoo!ドラマより】

***************************

.

今回は5人の片想い。。。店長、明美、高原、悦子、中井・・・。

店長と明美の幼馴染、宮田の登場で、事務所の増山と朋江(平田敦子)以外の4人が片想い中であることを浮き彫りになりましたね。(笑)

山盛りの片想いの上にそびえたつたった一組の両想いカップル。(笑)

それに加えて、増山のところは奥さんが病気の様子。

片想い、両想い、そのあとの行方・・・。

いろんな人の心模様がいっしょくたになっていて、うまく描かれていたと思います。

.

.

高原は、増山に悦子の想いに気付いているなら、はっきりさせてほしいと言っていたけれど、高原の方が悦子にはっきりさせられちゃいましたね。(笑)

悦子には高原の気持ちは丸見えだったみたい。

まあ、わかりますよね。あれじゃあ~。

冷や汗タラタラの高原・・・。(笑)

.

増山はやはり既婚者みたい。

奥さんは病気で目をはなせる状態ではない様子。

.

そっちにかかりっきりになっているのか、悦子は増山に最近、うちらに興味がないですよね!と訴えました。

そう言われて、「面倒くさいなあ~」といつもの口グセ。

.

悦子には、グサッと、ムカッと、きますよね。(笑)

部下らに対して、もうちょっと言いようがあるでしょうに。

.

「ちゃんと見てください」

「見てるよ。心までちゃんと。オレ、超能力者だよ」

「見てない!」

「だったら悦子、(心に)フタするのをやめたら?」

「フタしてないと増山さんが困るでしょ!」

心にフタをしてないと、超能力者の増山には丸見えなんですよね。

言い合いになったところで、中井が子豚を抱えて戻り、大騒ぎ。

.

核心に迫りそうでしたが、ちょっとした口げんかで終わった感じです。

で、翌日には忘れたように笑ってる悦子と増山。

.

心の中を覗き見て、相手の思っていることを知って、決定的に振られるのが怖いとか、心のなかがわかっても、動かすことなんてできないとか。

超能力者ならではの悩みが垣間見えたお話でした。

.

.

ところで、明美。

「うち、楽しいよ。おいでよ」と悦子に誘われて事務所にきたのが、とても印象的だったんですが。

今の状況はというと・・・。

「正直ヤバイくらい居心地いい。

みんなマジでいい人だし、気をつかわなくていいし~」ですって。(笑)

.

ほんと見ていても、楽しそうでした。

高原の思い切った女装姿を見て大笑い。

そりゃあ、たのしい職場だわ~と納得しました。

.

●増山超能力師事務所

※過去の記事

第1、2,3話 第4話 第5話 第6話

.

.

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

.

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

| | トラックバック (0)

増山超能力師事務所・第6話 感想

あらすじ 2月9日放送分(第6話) 

 路上で見つかった変死体が、超能力者によって殺された可能性が浮上。刑事の榎本(六平直政)から増山(田中直樹)に捜査への協力要請が入り、悦子(中村ゆり)らが現場に向かう。見習の明美(ルウト)が、悦子の忠告を聞かず、遺体発見現場に触れて被害者の思念を読み取ると、苦しむ被害者のそばに小学生くらいの女の子が見える。悦子らはその少女・南(内田未来)を見つけ出す。

【Yahoo!ドラマより】 

***************************

.
6話が一番好きなエピソードでした。

はじめての警察への捜査協力で、それにどんな風に事務所が対応するのか。

見応えたっぷりでした。

.

やはりおもしろいです。このドラマ。

深夜帯で見る人が少ないのは残念ですわ。

.

.

少女、南も超能力者でした。

けれど、能力が安定せず、自分の前で絶命した男を、自分が殺したのでは?と悩み苦しんでいました。

.

そんな南を自分と重ねてしまう悦子。

悦子は自宅の火事で祖父母を失くしているんですが、親から彼女が能力をつかって放火したのではないかと疑われ、グレて荒れていた時期があったのでした。

その悦子の苦しみに気づいてくれて、事務所へ来ないかと誘ってくれたのが増山。

以来、気になって仕方がない存在に。

.

悦子は、娘を守ろうとしていた母親を説得、彼女からいきさつを聞き出します。

母親は娘から事情を聞かされ、現場に確認に行ったそう。

そこで死んでいる男を発見。

警察に通報している最中に、男の手に握られた娘のマスコット人形に気づき、娘が疑われないように持ち帰ったと打ち明けます。

.

そのマスコット人形に触れた高原は、超能力で当時の状況を映像で見ることはできたものの、真相には近づけず・・・。

なりゆきを見守っていた増山が触れると、事件の全容が判明します。

.

男はいたずら目的で南に声をかけたものの、その直後、心臓発作で亡くなっていました。

さらに、南の能力はそれほど高くはなく、人を殺せるようなものではないとも判断を下します。

.

高原は増山の能力を目の当たりにして、底知れず落ち込んでしまいます。

.

.

こんなに簡単にわかるなら、はじめからすべてを増山が手掛ければいいのにと思いがちなんですが、増山はすべてにおいてドライ。

依頼されたことをするのみ。余計なことはしないんです。

.

南に同情する悦子や高原が、積極的に相手の事情に踏み込んでいくため、ここまでの展開になるんですよね。

.

.

.
今回、わかったのは、能力者にとって、死体に触れることや、その持ち物に触れることは大きなダメージを受けるということ。

好意を持つ悦子の力になりたくて、高原は死体にまで触れようとします。

が、増山にあわてて止められます。

死体に触れることはその人が絶命した時を体験すること。重大な禁止事項でした。

マスコットに触れることもそれに次ぐ禁止事項。

高原は触れた後、倒れてしまいましたが、増山はまったくの平気。

ここで能力の違いが浮き彫りになりました。

.

自分ではこの人には到底かなわない…。

悦子に片思い中の高原は、落ち込むと同時に、妻子持ちなのに悦子にも想われてるなんて許せないと思ったようでイヤミを。

悦子さんの気持ちをわかっているんでしょ!だったら、はっきりさせてあげてください!

と。

増山は当然気づいてますから、苦笑。

「面倒くさいなあ~」

.

でもね、はっきり好きだとも言われていないのにどーしろというのかな。

妻子持ちだとわかっているから、悦子だって一線ひいて眺めているだけなのに。(笑)

.

でも、私は離婚してるか、元々つくり話じゃないかと思ってるんですけどね。

それより、高原が悦子を振り向かせればいいのでは?

意外と簡単かもしれないぞ。

.

.

ただ、ちょっと困ったことが。

ドラマの増山って素敵なんですよね。

抜群の能力で事件を解決したりして。

ドラマに入り込んで、その素敵な所長にのめりこみたいのに。

そんなときに限って、バラエティーの田中さんのイメージが浮かんできてボルテージが下がる・・・。

芸人さんが俳優をやっていても、あまりバラエティーを見てないせいもあって、こんなことなかったのに。

年末にガキの使いを見たせいなのかな・・・。(泣)

困った。。。

.

.

●増山超能力師事務所

※過去の記事

第1、2,3話 第4話 第5話

.

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

.

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

| | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

嘘の戦争・第6話 感想

あらすじ 2月14日放送分(第6話) 

 浩一(草なぎ剛)は、楓(山本美月)の恋人として、ついに二科(市村正親)と面会。浩一の真意が分からない二科は、彼を挑発して、目の前で楓との結婚を誓わせる。同席した隆(藤木直人)は、浩一が帰り際に発した一言で、彼が「千葉陽一」と同一人物だと確信する。二科と隆は、部下らに浩一とハルカ(水原希子)の行動を監視させる。浩一が久しぶりに守(大杉漣)の施設を訪ねた日、突然、千葉陽一について話が聞きたいと隆が訪ねてくる。 

【Yahoo!ドラマより】

***************************

.

浩一と楓が婚約。

仁科がそれを認めたのは、浩一の真意がわからず、身内になることで懐柔できるならそれでいいし、ダメなら六車(殺し屋)を差し向けると判断したため。

.

隆は浩一が話したコアラの伝説の間違いを、オーストラリア在住の「千葉陽一」もHPでしていたことから、二人は同一人物と確信。

.

浩一は隆の動きを察知し、わざわざオーストラリアから「千葉陽一」を呼び寄せ、偶然を装って隆と会わせます。

.

パスポートを見せられ、千葉陽一本人と確認した隆は、落胆しますが・・・。

.

.

一方、六車らにハルカを調べさせていた仁科は、もっと単刀直入。

人気のない荒れ地に浩一を誘い、面と向かって何が目的なんだと問い詰めます。

浩一がどう返答しようかと考えていたその時、仁科は突然の心臓発作で倒れてしまいます。

.

ふたりきり、周りには誰もいない。

浩一は、一度は見捨てて立ち去ろうとしますが、すぐに引き返し、仁科を助けてしまいます。

.

.

もっと苦しめたい。こんな簡単に復讐が終わってたまるかと言って助けるんですが、どうも、見捨てることができなかったような気もしないではない。

そこんところ、浩一の真意はわからないです。

仁科と隆の対応の違いも目立ちましたね。

.

それと、楓が意外とするどい。

女のカンがビシバシ。

病院で話しかけてきた女性、浩一さんの彼女でしょ?

嫉妬でイヤミを言うために話しかけてきたって気づいてた。

まあ、気づくだろうけど。。。

.

ハルカは楓が真剣に浩一のことを想っているとわかって、身を引くことにしたのかな。

.

浩一はさすがに楓を傷つけたくはないようで、婚約してもあまり近づきすぎないように距離を保っている感じ。

.

今回は、浩一対隆、浩一対仁科、楓対ハルカ バトルがあちこちで。

全体に一歩前進しました。

.

そうそう。

仁科の過去が語られました。

とても貧しくて、裸一貫で仁科コーポレーションを築いたようです。

そのためならなんでもやったと。

その野心によって、浩一の家族が犠牲になってしまったんですね。

.

それから、養護施設の守。

やはり30年前の事件に関係してそう。

浩一の父親の後輩だと言っていたような。

まさか母や弟を殺した犯人じゃないよね。

.

.

●嘘の戦争

※過去の記事

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

.

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;: *☆*:;;;;;:*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

.

   

にほんブログ村 テレビブ

ログ テレビドラマへ 

| | トラックバック (0)

«嘘の戦争・第5話 感想