ようこそ、きなこ庵のとわです(ご案内)

【最新記事は下に】絶対零度#10  

あったかくなってきたね。春の宵。。。【今年、大阪では都構想の住民投票があるの🐱】少子高齢化時代にむけて行政をスリム化、無駄をなくす行政改革。ほんとに大事な改革だからしっかり考えてほしい。昔の大阪に二度と戻さないために。大阪都構想ってなに?と思う方はこちら!ひまたんの都構想講座 ツイッター版 インスタグラム版 都構想ってなに? 都構想に関連する記事は 「OSAKAの一大事」カテゴリーに◆◆ココログのいいね、いつもありがとうございます。ものすごく励みになってます

|

2020年3月30日 (月)

王様が逝ってしまった。

小さいころ、土曜日の夜は、8時だョ、全員集合!が大好きで毎週見てた。

 

そう、私は、8時だョ、全員集合!の世代。

志村けんさんは、途中からの加入だった。

荒井注さんが脱退してね。

もしゃもしゃのロン毛で、他のメンバーよりとても若かったのをおぼえてる。

 

しばらくすると、志村さんはカトちゃんと組んで、ヒゲダンスをやり始めた。

私はこのヒゲダンスも大好きだった。

 

それと、バカ殿様を好きな人も多いけど、私は柄本明さんとの芸者さんコントがたまらなく好きだった。

あれ、なんなんだろう。

もう、お腹の底から湧き出てくるワクワクする笑い。

若い芸者さんばかりお座敷に呼ばれて、暇はふたりは火鉢を囲んで愚痴るのよ。

最高におかしかった。

ずっと、ずっと、ずっと見ていたかった。

 

この訃報を受けて、ツイッターではいろんな志村さんの映像が流れてる。

自分の思い出や、悲しい気持ちのメッセージつけて。

 

その中に、バカ殿様が若い女性に囲まれたエロい映像とともに、

「みんな、めそめそするな。天国ではきっとこんなんだよ」っていうメッセージがあって。

ふいに涙が止まらなくなった。

ああ、そうだね。きっとそうだねって思えたよ。

 

それにしても、ギャグもいっぱいあって、コントもいっぱいある。

代表的番組もいっぱい。

世代によって、印象に残ってるギャグや番組が違っていて、長い期間、形を変えて笑いを届けていたんだなと実感した。

 

ほんとにすごい人だったんだね。

 

ドリフに加入したのは24歳のころらしい。

それから70歳までずっと第一線。

エンターテイナーの王様だった。

 

 

追悼番組はいっぱいやってほしい。

できたら、全世代に届くように、昔の映像もたくさんね。

しばらくは志村さんを偲びたい。

 

 

 

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月27日 (金)

ハムラアキラ 第7話最終回 黒いうさぎZ

ドラマがハードボイルド的だったり、オカルトちっくだったりと、独特の世界を描き出していたから。

だから、この悲惨で卑劣な遊びもどこか非現実的な感じで受け止められた。

 

そうじゃなかったら、めちゃくちゃ後味悪すぎるお話だったと思うよ。

 

少女を獲物にして狩りをする。おじさんたちが並んで実弾で撃ち殺す。

お金持ちのエリート達、68会がやっているゲーム。

死に顔は生々しくて見たくないから、最初からうさぎの被り物をつけさせる。

ほとんど抵抗もできず、逃げることもできず撃ち殺されていく少女たち。。。

 

 

大金が欲しかったカナが騙されて、そのゲームに参加して犠牲に。

カナの行方を探っていた68会のリーダー滝沢の娘、美和もその犠牲に。

 

被り物をつけていたせいで。

美和が獲物になっていても気づかず、喜んで撃ち殺す父親、滝沢。

 

滝沢は娘が家出したと思い、ハムラを雇って行方を探らせていた。

 

やがて真実を知らされ、父親は別人を娘の替え玉をたてて、すべてを隠蔽しようとする。

母親は真実に耐えられず、さらに事業も失敗、自殺してしまう。

 

 

68会のメンバーによって、空き地のコンテナに拉致されていたハムラは、テレビを不法投棄しに来た夫婦にみつけられる。

 

 

この偶然がなかったら、ハムラ、死んでたわ。強運だわ。

岡田も探してくれていたようだけれど。間に合わなかっただろうね。

 

 

ハムラがみつかって、すぐ岡田が探偵社にやってくる。

 

 

岡田、はじめて探偵社の方へ入れてもらってる。いつもは本屋の方なのに。

探偵社の階段のところにいても、本屋の方へ誘導されていたのに。(笑)

 

 

まあ、それだけお互いが顔を見たかったのと、込み入った話をする覚悟があったんだろうけど。

 

 

ハムラは、岡田に不満と不信感と苛立ちをぶつける。

「見舞いにきたわけじゃないでしょ?

私のことを探りにきたんでしょ?」

 

 

ハムラは岡田をにらみつけ、納得できるまで問いただしていく。

 

68会のメンバーの息子なのに黙っていたわね?

警察官僚だから、父親やメンバーの犯罪を隠蔽するつもりなんでしょ?と。

 

 

岡田は「すべてお話します」と重い口を開く。

 

彼は68会メンバーのひとり、山辺の息子だった。

けれど、山辺は身ごもっていた岡田の母を捨てて、資産家の令嬢と結婚したらしい。

認知はされておらず、いろいろと見返してやりたくて、必死に努力して警視にまで上り詰めたらしい。

 

その岡田の地位を利用して、犯罪をもみ消せと要求する父親たちメンバー。

岡田は彼らの仲間に入ったと見せかけ、ゲームの犯罪を暴こうと考えていた。

 

「ほんとにもみ消すつもりはないんだよね?」

「裏切りはナシだよ!」

鬼のような形相で岡田に確認していくハムラ。

 

その後、岡田抜きでゲームが開催されることを知ったハムラは。

「やっぱ裏切ったんだ、私のこと!」

「いや、そうじゃない。俺が裏切られたんだ」

絶句するハムラ……。

 

 

ハムラ、なんだかんだ言って信じてるのね。岡田のこと。

このコンビ、好きだわ。。。

 

68会は、実質的には野中が仕切っていた。

彼だけが資産家ではなく、山辺や滝沢などの資産家を、人間を狩るという遊びに引き込んでいった。

殺人の共犯者になることによって、弱みを握り、自分の事業に投資するように仕向けていったそう。

 

幼馴染の美和の行方を捜していたミチルも、父親が68会のメンバーで、野中のことをよく知っていた。

「美和のパパがリーダーだけど、野中さんが影のリーダー。

誰からも好かれてる人間なんて、一番、信用できないよ!」とミチル評。

 

ミチルはハムラが助けてくれると信じ、野中にゲームに参加する。

 

 

それを知ったハムラは、狩りの場へと踏み込んで、ミチルを救い出す。

駆けつけた警察に、野中らを引き渡す。

 

 

岡田は、父親である山辺らに銃口をむけるが…。

生きて社会的制裁を受けてもらうと逮捕する。

 

 

事件はすべて解決。。。

岡田は当然、父親との関係を疑われたんだろうけど、逮捕後も警視のまま。

 

ハムラに電話して、

「やっと自分に自信がもてるようになりました。

(今の自分の状況は)地獄です。

でも、だからがんばれるんですよ」と岡田。

 

あんな犯罪の片棒をかつぐ気は毛頭なかっただろうけど、68会のメンバーと対峙して、自分がどこまで暴けるか不安だったのかも。

ハムラと岡田の連携がうまくいったってことだね。。。

 

それに、息子の地位を平気で汚いことに利用しようとする父親の薄情さにも憤ってただろうし。

だから、やけ酒飲んでたんだろうね。

ハムラにすべての事情を話して、自分の立ち位置がはっきりして力が沸いたのかも。

 

多くの女の子たちが殺され、またひとり、女の子が殺されそうになってるんだもんね。

 

 

地獄だからがんばれる。。。。

岡田のこのセリフがとても印象に残ったわ。

 

 

おもしろかった。

ハムラと岡田のコンビも良かった。

岡田はあまり表情に出さないけど、あらためて見てみると傍観者でしかなかった立場から、ラストの3話は完全に当事者。

これにハムラが巻き込まれてる形。

本来なら、颯爽とハムラとミチルを助けに来てほしかったところだけれど。

 

あそこはハムラのサバイバル技術の高さを魅せつけることになったね。

コンテナで放置されたことに対する復讐もあったわね。(笑)

 

 

それに想像以上にハムラに馴染んだミチル。

ミチルには地獄が待ってると言ってたけど、あの子の気の強さとか、賢さとかを見てるとなんとか踏ん張れそうな気がする。

トートバックを頭からかぶって、顔を撮られないように注意を払ってたシーンが用心深くてとても好き。

それに苦しいときは白熊探偵社もあるしね。

 

 

とにかくこのドラマの雰囲気が好きだったな。

初回は、ハムラの姉がエキセントリックすぎて、不安がいっぱいだったけど。

徹底されてたハードボイルドちっくが良かった。

これで終わりってことにしないでほしい。

 

ぜひ、ぜひ、シーズン2を作ってほしい。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

絶対零度 第11話最終回感想

お気に入りだった香坂が、じつはミハンの法制化を狙ってテロを考えていたなんて。

なんだかいまだにしっくり来ない。

一番、ミハンメンバーの上司として馴染む人だと思っていたのに。

 

残念だったわ。

なぜ、みんなこんなに暴走するんだろう…。

 

 

しかも、その策略を弟、篠田に乗っ取られて、あわてて阻止しようとして殺されてたなんて。

姉と弟の境遇の違いからくる負い目や反発は理解できたけど。

弟は姉を殺し、どんどん深みにはまっていく。

 

 

篠田も犯罪を憎み、この世からなくしたいと願って、ミハンの法制化を後押ししてた。

そして、利用していた悪人に裏切られ、撃たれてしまった。

 

ミハンシステムを守るため、篠田は井沢の妻子も殺してたのね。

壮絶。

 

 

結局、香坂も篠田も井沢にミハンを託して、死んでいった。

井沢にしてみれば、とんでもない話だけれど。

 

でも、謎だったことがすべて明らかになり、なんとか気持ちを整理することができるようになったのよね。

 

井沢の問題はこれで完結。

次のシリーズはまた新しいアプローチでやってほしい。

 

 

最後ね。

井沢の家にミハンメンバーがやってきた。

鍋の材料をもって。

「鍋やろ~~~」って。

このシーンがとても好きだった。

最後にこうなるかと感動した。

 

 

初めのころから、井沢は妻子の殺された家で、幻の妻子とともに暮らしてた。

妻や子の面影の中に、自分の居場所を求めてた。

そして、それがもうないことに悲しみ、潰されそうになってた。

 

最終回で、その家にゾロゾロと信頼するメンバーがやってきて賑やかに食事する。

 

「(奥さんと子供さんはあなたのことを)

きっと心配してますよ。

そろそろ解放してあげたらどうですか?」

 

鍋のあと、山内が井沢にぽつりとそう言う。

まるで、井沢の普段の生活を知っているかのように。

 

グッときた。

 

山内って、いい人だよね。

ちゃんと仲間を見てる。

吉岡や小田切にも必要な言葉を、ポンとかけてあげてるよね。

なんとも思ってなかったのに、ちょっと気になるキャラになったわ。

 

 

それにしても…。

これは……かなり複雑なお話だったよ。。。

ミハンチームにとったら、敵キャラがなんと9名。

 

篠田、里谷、諏訪、北見、小宮山、宇佐美

曽根崎、香坂、門田、香坂

 

怪しかった加賀美をいれたら10名だよ。

こんなに敵になる人たちが多いドラマも珍しいんじゃないかしら。

 

特に、香坂の立場がややこしい。(笑)

テロだって、篠田サイドと曽根崎サイドの二段構えでややこしい。(笑)

篠田の仲間も多すぎてややこしい。(笑)

 

まあ、頭を整理しつつ、楽しんで見られたので、私としては大満足。

見ごたえのあるドラマだったよ。

 

シリーズは続くのかな。

次シーズンもたのしみにしてる。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

シロでもないクロでもない世界で、パンダは笑う。第9話 パンダ男を殺したのはコアラ男だった。

あの…あのね。。。

政治家の秘書といえば、忙しいと思うじゃない? 普通。

それも大臣をしていたら当然。

スケジュール管理してたり、運転手だってしてたよね。。。一郎。

よもや、着ぐるみを着て大学に忍び込んで直輝とレンを監視してるとは思わないわ……。

それに、あずさはコアラ男からの画像を見て驚いて兄に報告してなかった?

 

ああ、あれは、兄の送ってきた画像を見て、なんとかしてってお願いしてたのか…。

まあ、それなら、

う~ん。そうなのね……。

 

しかし、8年前のコアラ男も今回のコアラ男も一郎だったなんて。

しかも、妹の言いなり。

死んでも妹に泣いてもらえないって。

一郎、不敏だわ。。。

全部、自分中心の子だったんだね。

 

 

レン(清野菜名)がコアラ男に拉致される。

さらに、あずさ(白石聖)も。

 

「コアラ男さん、実は私はミスパンダなんです」

「は?じゃあ、変身してみろよ!」

「う~んう~~ん、パンケーキください!!」

「おいっっっ!!!」

というコントなんかもあって、ワクワク。

これは、あとのための伏線だったんだね。

 

直輝(横浜流星)がコアラ男に指定された場所に行くと、そこにはコアラ男とロープで縛られたレンとあずさが。

あと、コアラ仲間数名。

 

コアラ男はたずねる。

「レンとあずさ、どちらか選ぶ?」

どちらも選ばない直輝。

コアラ男は即座にあずさを撃ってしまう。。。

 

でも、ここで、直輝は見てたのね。

コアラ男は両手にそれぞれ拳銃を持っていた。

で、あずさを撃つ方の拳銃が偽物だと確認してから、撃ったこと。

それでふたりはグルだと気づいた。

 

続いて、コアラ男はたずねる。

「レンとお前。どちらをえらぶ?」

 

直輝が、

「レン。。。」

と言ったのは驚いたけど。

 

「また、パンケーキ食べに行こうね」

と続けた途端、直輝はそばで灯っているろうそくをつかむと、中にたまったロウを、タラ~~~と。

そう!!タラ~~と垂らすっっ!

 

私「そう来たかああああ!!!!

きゃああああああ~~!!カッコいいいい~~」(笑)

 

この手があったかっ!!

もっと、いろんなシチュエーションでのミスパンダ出現をやってほしいわ!!

 

 

トロンとなって催眠がかかったレンは、目覚めると、ミスパンダ(リコ)に!

「え???これどうなってるの???」

縛られていて、直輝とコアラ男とたくさんのコアラ仲間に囲まれている状況が呑み込めないまま。

直輝の乱闘に合わせて、リコもコアラ男を相手に大立ち回り!

 

 

私「きゃあああああ!アクションのキレがいいわあ~。

これが見たかったのよお~~~!!!」

大興奮!!!

 

乱闘で負けたコアラ仲間たちはさっさとその場から去ってしまい。

気絶しているコアラ男の被り物をとると、、、、あずさの兄、佐島一郎(きづき)だった。

 

一郎は正体を知られた途端、こめかみを撃って自殺してしまう。

 

けれど、直輝は事件はまだ解決していないと、倒れているあずさに声をかける。

あずさは起き上がると、直輝の疑問にこたえはじめる。

 

 

あずさは父親にかまってもらいたくて、兄の一郎を引きずり込んで誘拐事件を企てたそう。

単純に父親、佐島(佐藤二朗)の関心を引きたくてしたことが、大事になってしまった。

佐島はふたりの自作自演にはまったく気づかずにいたが…。

突然現れたパンダ男にふたりの自作自演の画像を見せられる。

佐島は謝罪会見を開き、事実を公表しようとするけれど、一郎がパンダ男を殺してしまい、佐島は死体を山へ埋めることに。。。

 

佐島は以来ずっと、自分が直輝の父親、パンダ男を殺した犯人として罪をかぶろうとしていた。

今も病院から飛び降りようとして、神代(要潤)に止められてる。。。

 

佐島にとっても長い悪夢を見ているような日々だったんだろうね。。。

前回、奇妙なほど騒いでいたのも、いまなら納得できるね。

 

 

あずさから、父親をどういう経緯で殺されたのか聞かされた直輝は、混乱状態のまま、ナイフを手にあずさに突進する。

 

あずさを刺したかと思った矢先、直輝は、あずさと自分の間にリコが滑り込んだことに気づく。

「ほらね。復讐なんてやめなって言ったじゃん……」

「リコッッッ!!」

直輝は正気にもどって、意識を失い、崩れ落ちるリコを見て絶叫する。

 

 

次回は最終回なんだけど…。

リコがケガをしてしまったから、もうとびっきりの、最高の、アクションは見られないのかな。

 

今回のアクションはほんとにカッコよかった。

直輝が一回転するのなんてとってもキレイに決まっていて、惚れ惚れしたわ。

 

 

森島哲也の死の真相がわかった。

佐島が犯人だろうと思わせておいて、実は子供たちだったと。

死体を隠したのを置いておくと、佐島はかなりの常識人でちょっと驚いた。

直輝とふたりきりで会う時の佐島って相当おかしな印象だったのにね。

 

ところで、直輝のパパは、ミスターパンダとして、いくつもシロクロつけてきたのかな。

最後の佐島の事件だけしか描かれてないけど、ミスターパンダとして世間を騒がせていたのかしら?

 

さて、次回は最終回。

ほんとにこれで終わり。さびしいなあ。

最終回にむけて、私の願いはひとつ!

ミスパンダと飼育員さんのコンビが今後も続きますようにってことだね。

 

シーズン2、作ってください!!!

よみうりテレビさん!!!

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

絶対零度 第10話 香坂の弟はだれ?

これは、小田切がかわいそうだ。

同じ犯罪被害者として近づいてこられ、流れの中で、すべての事情を知られ。

小田切の心の中にするりと入ってきた人。

なにも隠す必要がなく、身構えることなく、ただただ好きでいられた人なのに。

なんだか、ショックだったわ。

 

 

曽根崎(浜田学)と、曽根崎に命令されて井沢(沢村一樹)を狙っていた門田(粗品)は、山内(横山裕)や吉岡(森永悠希)によって逮捕される。

 

曽根崎、意外とあっけなく。。。

でも、取り調べでとぼけていて、逃げられそう。

警察上層部は、すべて香坂(水野美紀)に押し付けてしまおうという魂胆。

 

吉岡はミハンチームに馴染んでるようで、逮捕術の腕前もあがってた。

 

テロもまだ終わってないとのことで、真犯人をみつけるためにミハンは捜査を継続。

 

そんな折、篠田(高杉真宙)が襲われ、救急車で運ばれる。

小田切(本田翼)はチームに、篠田が撮った数枚の写真を見せる。

そこには笑顔の小田切以外に、いつも同じ人物が写り込んでいた。

小田切は、その人物が篠田を襲ったのでは?と言うが…。

 

写真を見た加賀美(柄本明)は、彼がテロを起こした諏訪だという。

 

井沢は加賀美が、香坂の弟、水島についてこっそり探っていることに気づいていた。

加賀美は香坂の弟、水島との不思議な関りをチームに打ち明ける。

父親が事件を起こしたとき、巻き込まれた水島を助けたのが出会いだった。

その後、幼い時から、施設で育つ水島を見守ってきたという。

けれど、加賀美のミハンシステムが実用化される前、水島はそのシステムを盗んで行方をくらましたそう。

 

ということは、水島もミハンシステムを利用しているということだわね。

 

しばらくして、そのミハンシステムが導き出した危険人物が失踪しだしたそう。

加賀美は、犯罪を憎んでいた水島が危険人物を殺していっているのではないかと疑っていた。

そして、責任を感じていた。

 

しかし、水島と諏訪の接点がみつからない。

水島は犯罪を憎み、諏訪は犯罪を犯してきた悪党。

相容れないはずと。

 

行方を追っていた諏訪が死体となって発見される。

 

井沢は、ふたりはお互いに利用しあっていただけで、どちらも最後は殺そうと思っていたのだろう。

諏訪が水島を襲い、返り討ちにあったのではと考える。

篠田が撮った写真に諏訪が写り込んでいたのは、小田切を探っていたからではなく、諏訪が篠田を監視していたんだろうと。

ふたりはネットで出会ったため、お互いの顔を知らない。

諏訪は篠田を探っていた。

……篠田が水島だったんだではないか。

 

篠田はミハンを探るために小田切に近づいていたと知り、小田切はショックでその場に崩れ落ちる。

水島の犯罪がはっきりした今、加賀美は篠田のいる病院へと向かう。

 

 

ここら辺の推理はなんだかゾクゾクしたけれど。

子供の頃の顔と大人になった顔が違いすぎるとか、高坂の弟にしては若すぎないかとか、いろいろ疑問がわいたわ。

 

水島がどんな気持ちで小田切とつきあっていたのか、次回明かされそうだけれど、あんまりだわね。。。

 

高坂の死から、高坂の弟が出てきて、加賀美との関係があり、高坂弟の水島が篠田であったり、諏訪との関係があったり、とても複雑な展開ではあったけど、なんとかたのしめてるよん。

 

加賀美が研究中であったミハンシステムを篠田も手に入れていた。

これが、いろいろな面で篠田に先手を取られた原因なんだろうね。

しかし、残念だわ。

篠田の裏切り、小田切は相当トラウマになりそう。

それに、高坂を殺したのもほんとに篠田なのかな。

だったら、そのときの会話はぜひ知りたい。

 

 

次回は最終回。

あ~、早いもんだね。。。。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

シロでもないクロでもない世界で、パンダは笑う。第8話 佐島あばれる!

なんというか…。

佐島と神代で直輝を追いこんだ感はあるわね。。。

前半の、挑発的な言葉の数々。

私でもムカムカしちゃったわ。

ミスパンダが聞いてたら、ぶっとばしてやる~~って飛び掛かってる気が…。

 

森島哲也(田中圭)の遺書が発見される。

それは佐島(佐藤二朗)が神代(要潤)に渡したもの。

そこには、コアラ男による佐島あずさ誘拐事件の犯人は自分であると書いてあり。

神代がニュース番組で放送する。

 

テレビを見た直輝は激しく動揺して、佐島に会うが、真実を暴いてみろと言われ。

神代なんて、次はミスパンダの正体をみつけてやると嘲笑するのよ。

ひどい男だわ。

 

 

直輝はあずさ(白石聖)に頼んで、佐島の大臣執務室に忍び込んでもらい、手掛かりを手に入れてもらう。

 

あずさはなんの迷いもなく、父親より直輝を選ぶのね……。

 

でもこれ、直輝と会っていた時に、佐島は目線でヒントを与えてたみたいだよね。

 

次に、直輝はレンにミスパンダに変身させていたことを打ち明け、協力してもらうことに。

レンを再びミスパンダにする直輝。

ミスパンダと直輝は動画を配信して、コアラ男誘拐事件の犯人をおびきだす。

 

ここ、レンは自分がミスパンダだと知って仰天してたね。

直輝さんに危ないことをしてほしくないけど、でも信じてる。ミスパンダになって協力すると約束してた。

ミスパンダのリコは、直輝が辛そうだから、復讐なんてやめたほうがいいと止めるけど、直輝の意志が固くて説得できずじまい。

 

レンとリコの性格の違いが出てたわね。

リコの方が圧倒的に直輝のことを知ってる。状況的にそうなるんだろうけど。

 

そのあと、リコと直輝はお別れを言うのだけれど、これってリコが消えたってことかな。

まあ、直輝が望めば、シロップタラ~~で、リコが出てくるけど。(笑)

え? もしかして、ほんとにリコを消しちゃったの?

 

でもね。レンはね、このままじゃあいけないと思うのよ。

だって、本来はリコなんだから。

 

門田先生はレンに催眠術を継続的にかけてたよね。

先生がいなくなったら、自然にレンの記憶や性格は薄れていくんじゃないのかな?

直輝が門田先生の研究を継ぐわけもないし。

 

 

直輝とミスパンダのアジトにやってきたのは、やはり佐島だった。

でね、なんと、コアラ男は佐島の当時の部下だそうだよ……。

この人は、ドラマ内で該当するキャラはいないのよ。

ええ???ってカンジ。

ほんとかな?

 

 

佐島は娘の誘拐事件を起こして、世間の同情を買い、支持率アップを狙ったという。

それを見破ったのが、森島哲也…直輝のパパ。

ミスパンダから言うと、パンダ先輩。

 

 

この誘拐事件が自作自演であることがバレたら、大変なことになると、佐島は哲也を殺したそう。

 

これを佐島は直輝の前で告白するんだけれど、これが…。

ちょっとあまりに大げさで演劇チック。

なんでこんなに佐島は暴れてるんだろうと…どんどん冷静になっていく私。

 

 

佐島の話を聞いて、怒りのままに彼の首を絞めた直輝だったが。

ふと冷静になって、佐島がまだ、何かを隠してることに気づく。

「まだ、なにか隠してるだろ!!!」

 

佐島とっさに薬を飲みこみ、意識を失ってしまう。

 

同じころ、ニュース番組で佐島の動画が流れる。

「コアラ男誘拐事件は、私が自分の娘を無理矢理巻き込んで行った自作自演であり…。

刑事の森島哲也を殺害したのも私です。

死んで償います」

 

その後、服毒自殺したかに思われた佐島は、意識不明の状態で発見、緊急搬送される。。。

 

ということは、死んでないのね。

 

ここまで、すべて準備して佐島は直輝に会いに行ってるのね。

今回の流れって、すべて佐島が仕向けたシナリオとも言えるよね。

佐島が直輝に伝えた哲也との最後のやりとりも佐島の作り話かもしれないし。

直輝を怒らせて、その怒りで自分を殺させようとした。

 

なぜかわからないけど。。。

 

自殺してまで、守りたい人がいるのかな。

それは娘のあずさなのか、なにかの組織なのか。

う~ん、あずさなのかもしれないわね。

 

 

あら?じゃあ、直輝とレンの画像をあずさに送ったのはだれなの?

 

 

あずさと一郎は多分、8年前のコアラ男がだれなのか知ってるよね。

佐島の元部下だったら、知ってるわね。

だから8年ぶりにコアラ男が現れても、まったく恐怖感をもってなかったのか。

あずさがあやしいわ。

あずさの雇っただれかってことはないかな。

 

 

それにしても、ミスパンダあ~~と夜に叫ぶシーンはなく。

さみしい。。。

ミスパンダというより、リコが出現してるために、会話もテンションが低い。。。

まあ、それでも、パンダウジングとか。

お別れのときまで笹かまをもって離さないリコとか。

大きな顔がゴロゴロ山の斜面を転がっていくシュールなシーンとかはおもしろかったわ。

おもちゃのヘビを体に巻き付けて、直輝と下山するリコもかなり好き。

でも、あのアクションを見たいわ。

 

 

さて、佐島が8話でこんな状況になるとは意外だったわ。

佐島の証言だけで、当時のことが語られたので、まだまだ真実には届いてないのかもしれない。

 

森島哲也はどんな風に事件に関与してるのか、謎はいっぱいよ。

あと2話、どんな風に展開していくのかたのしみ。

 

あの直輝とミスパンダのアジトはもう使えないのかな。

直輝はやっぱりミスパンダを眠らせると、おんぶして部屋まで送っていってた。

これが最後ってカンジで。

なんだか、店じまいをはじめているようで、さびしいわ。

 

そうそう、レンの部屋から出てくる直輝を誰かが見てるようなカットがあったんだけど。

あれ、コアラ男の視線よね。

あの大学で盗撮した方のコアラ男。

彼は、直輝とレンの関係に注目してるみたいね。

やっぱ、あずさが背後にいると思うわ。

 

 

もっと書きたいけど、そろそろ終わるわね。

では、次回もよろしく!!

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月 5日 (木)

絶対零度 第9話 なぜそんなに法制化を急ぐのか…。

いよいよ次回、最終回。

 

その9話で、お気に入りの香坂(水野美紀)が殺されてしまった。

こんなにミハンに似合う人が1シーズンだけで終わるなんて。

もったいないことをするわね。

 

しかも、いつの間にか井沢(沢村一樹)との間にほのかな恋が生まれていたのね。。。。

気づかなかったわ。

 

今回のテロ。

ミハンの法制化のために、自作自演をやったってことだよね。

ミハンが未然に犯行を阻止して、有効性を証明して法制化の後押しをしたかった。

首謀者メンバーは、曽根崎(浜田学)と北見(上杉柊平)と香坂と門田(粗品)。

でも、そのテロ計画が乗っ取られてしまった。

 

曽根崎は香坂にすべての罪を負わせようとして、誰かに命じて香坂を射殺してしまった?

北見は逮捕されているから犯人ではない。

門田は曽根崎に脅されてたけど……。

 

香坂は計画を乗っ取ったのが、自分の弟だと思ったみたいね。

その弟って誰なんだろう。

 

それにしても、曽根崎を演じる浜田学さんの顔芸がすごい。

怖いよね。

ミハンチームが心配だわ。

曽根崎はなにを企んでるんだろう。

 

篠田(高杉真宙)と諏訪(松尾愉)も次回に持ち越しだし、いろいろ謎の人が多くて、どう転んでいくのか、たのしみ。

 

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

ハムラアキラ 第7話 黒いうさぎY

う~~ん。

美和って殺されたのかな。

ゆうじが美和とアヤの殺害を自供してから自殺したけれど。

なぜ、あんなにゆうじは怯えてたんだろうね。。。

 

どうも、みんなが美和が死んでると確定して話してるのが違和感があるわあ。

 

カナは死体となって横たわっている姿が映されたけど。

美和は行方がさっぱりわからないのよね…。

 

お金持ちの仲間とやっている狩りと、行方不明の女の子たちが結びついてきた。

なんかダーティーな展開だわ。。。

 

しかも、その狩りの仲間には、岡田警視もいたようで。

それも、あってほしくない展開…。

 

岡田警視が事件の当事者として絡んでくるなんて、がっかり感がハンパないわ。

 

 

でもね、写真に写っているほかの人を見ると、かなり若い。特にミチル。

10年くらい前だと岡田警視も未成年?

犯罪を犯す側には入ってないんじゃないかな。

 

 

次回は最終回。

早いなあ~。

せめて10話やってほしかったな。

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月 1日 (日)

シロでもないクロでもない世界で、パンダは笑う。第7話 鬼畜だな…。

ちょ、ちょっとお~~~~!!!

 

試合中だっていうのっっ!

失恋した矢先でもがんばってるのっっ!

なのに。。。

 

食事休憩で、出前の店員に扮した森島が突如やってきて、パンケーキを取り出し、間髪入れずシロップをタラ~~と流したときには、思わず吹き出してしまったわ。

 

ミスパンダ登場よ!

 

森島、おもしろいな。ひどいけど。

 

まあ、ミスパンダではなく、出現したリコに「記憶がないのをいいことに好き勝手してくれちゃって~!」とぶん殴られてたね。

 

リコ、えらい。レンの仇も取ったね。(笑)

 

 

森島はリコのたっての願いで、門田殺しの犯人を突き止めることに。

 

リコにとっては門田は恩人みたいね。

 

 

森島はミスパンダのことを「自意識のないモンスター」と言ってたけど、かわいいパンダだよね。ミスパンダに会いたいわ。

パンダ~~~って笹持って、夜空を仰いでほしいわ。

 

 

森島は犯人が門田のパソコンを執拗に壊していることに気づく。

それでパソコン内のデータがまだ残っているように見せかけ、ミスパンダ(リコ)とともに犯人をおびき出す。

 

 

現れたのは、レンとリコの母親、麻衣子だった……。

 

 

麻衣子は加賀から伝えられたのね。

レンとリコが火事の時にすり替わったこと。

本当のレンはあの時、死亡していること。

リコがレンとして生きるために、門田が催眠をかけていたこと。

そのレンに対して行った催眠の実験について、発表しようとしてること、を。

 

 

それで麻衣子は門田の家を訪ね、このままでそっとしておいてほしいと懇願。

でも、門田は論文発表をやめる気はなく、将来的にはレンの記憶を消しリコに戻したいと打ち明ける。

それで麻衣子は門田を殺害してしまう。

 

 

麻衣子は火事でレンが死に、リコがレンになっていたことに気づいてなかったのかな。

気づいてたよね。

少なくとも疑ってた。

そんな表情がいろんなところで出ていたもの。

加賀の告白で疑いが現実のことになったんじゃないかな。

 

 

 

「どうしてあんたなんて生きてんのよ!私はあんたを殺したの!!」

 

麻衣子はミスパンダの仮面を取ったリコを見てそう言い放つ。

 

10年前の火事で、麻衣子はリコを殺した…はずだった。

 


なのに、実際は憎いリコが生き残り、最愛の娘、レンの方が死んでしまった。

 

麻衣子はリコに対して、思いつくだけの悪態をつき、それだけでは収まらず。

 

そばにいた森嶋に、

「もう一度、こいつを、リコを消して、レンに戻してよっ!」と怒鳴る。

 

 

「あなたはリコの気持ちを一度でも考えたことがあるのか?

彼女がどれほど苦しんできたのか。

あなたのためにレンになろうとまでしたのに……」

 

森島は怒りで震えてる。。。

 

 

「母さん、ごめんなさい。大丈夫だよ。もういなくなるから。さよなら、お母さん」

 

麻衣子に対して、やさしい声で語りかけるリコ。

 

 

なぜ、ここまで嫌うのか。憎むのか。

その自分に向けられた憎しみをも許してしまうリコ。

そんなのダメだと思うのよ。

 

 

その後、麻衣子は警察に出頭したそう。

 

 

リコはアジトで森島に自分を消してもらおうとする。

 


「さっさと消しちゃってくれない?私は誰からも必要とはされてないんだし……」

 

「必要とされてないと思ってるのは君だけだ。

本来、君がなりたかったミスパンダはみんなから愛されてる。

つまり君もそうなれる可能性があるということだ。

 

それに俺はまだ君と一緒にいたい」

 

「あんたが一緒にいたいのは、パンダでしょ?」

 

 

「リコだよっ!

リコ、もう少しだけ俺に力を貸してくれないか?」

 

 

こんな状態のリコを消してほしくないわ。

森島は自分にとってリコは必要なんだと言ってるのにね。

リコは森島としか会ってないから、森島が引き留めるしかない。

がんばってくれ。

 

 

親から嫌われているからなんだっていうの?

ミスパンダはみんなから愛されてる…森島のいうとおりだわ。

 

 

「いいよ。わかった。つきあうよ。あんたの復讐に」

「そのかわり、レンのことを幸せにしてあげて。レン、あんたのことが好きなんでしょ?」

 

 

森島は複雑な表情を浮かべ、目をそらす……。

 

 

麻衣子に反論してくれた森島。

リコはリコなりに森島を信頼しはじめてるってことだよね。

去りがたい、森島の力になれることがある。

だからもう少しミスパンダとして協力する。

森島を良い人だと思うから、レンを託せるんであって、そうでなかったら、遠ざけておこうと考えるはずだもんね。

 

 

リコは森島が父親の復讐相手を探してることを知り、しばらくミスパンダとして協力することにする。

 

 

そんな折、佐島あずさ誘拐事件の犯人が、森島の父親、哲也(田中圭)だという報道がされる。


森島哲也の遺書がみつかり、その中で事件の犯人であることをみとめているという。

 

森島は激しく動揺する。

 

 

神代(要潤)は佐島(佐藤二朗)に体当たり取材してたから、そこで佐島から渡されたものかもしれないね。

もちろん、偽造で。

神代はそれを公にして、事態がどう動くのか探っているのかも。

この誘拐事件は闇が深くて、命がけで関わらないといけないと、神代は言ってたけど、8年前の事件をもう一度、ニュースのトップにして、視聴者の関心を集めようと思ってるのかも。

 

 

ところで、今回。

 

ミスパンダとレンに続いて、リコがはっきりと登場。

 

リコのミスパンダは、テンション低め。(笑)

森島にすごんでた後での肝試し。オロオロしてかわいかった。

 

元々、リコの中に閉じ込められていた彼女の一部なんだから、徐々にミスパンダの方へ寄っていってほしいわ。

できなければ、パンダチャンネルには動画がいっぱいアップされてそうなんで、それを見てミスパンダになりきってほしい。

あのテンションが好きなのよ。(笑)

 

でも、レン、ミスパンダ、リコ。

みんな、素敵でかわいい。

どの人格も損なわれることなく、ひとつに融合してほしいものだわね。

 

 

次回、待ち遠しいわ~~。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2020年2月27日 (木)

ハムラアキラ 第5話 黒いうさぎX

 

今回から最終回まで、3話連続のお話。

楽しみだったの!

 

大手ホテルチェーン、タキザワリゾートの会長の娘、美和(田中珠理)が行方不明になる。

父の滝沢喜代志(大鶴義丹)は村木(池田成志)を通して、葉村晶(シシド・カフカ)に捜索を依頼する。

喜代志は3代目。51歳で会長になっており、すでにリタイヤしている様子。

晶が話を聞くと、警察沙汰にはしない、美和の幼馴染である平みちる(井頭愛海)から美和の居場所を聞いて来いと一方的に命令される。

 

どうやら、女性の探偵ならみちるも話すのではないかと考えたみたいね。

あまりの横柄な態度に驚きつつ、晶は依頼を引き受ける。

 

晶はみちると会って話を聞こうとするが、みちるは頑なに拒否。

10年前に離婚して家を出ている母親、辻亜寿美(筒井真理子)はアスミックジュエリーというブランドを立ち上げ、ビジネスに熱中してる。

娘に気が回らない状況。しかも親密なビジネスパートナーがいる。

 

両親、友達の誰もがなにかを隠していて、自分はその周りを堂々巡りさせられている......。

晶は、なかなか美和の実情に迫れず辟易する。

 

そんな折、美和のもう一人の友人、柳瀬アヤ(小野花梨)が殺される。

警察は、近くにいたみちるから事情を聞こうとするが、みちるは晶に助けを求める。

晶が間に入る形で、事情聴取に応じるみちる。

 

質問には答えるが、学校には知らせないというのが条件よとみちる。

それを晶を通して念押しさせるなんて、とてもしっかりした子だわ。

 

 

晶は美和の自宅の部屋でみつけたカードから、美和にはみちる、アヤのほかに、カナという友人もいることに気づく。

 

さらに、家政婦の話では、自分の前にいた明石カヨという女性と美和はとても親しかったらしい。

カヨは小さな子供がいたのに、嫁ぎ先を追い出されたそうで、年の近い美和をとてもかわいがっていたそう。

 

みちる、アヤ、カナ、カヨ。。。。

う~ん、ややこしい。。。

これから、登場してくる人たちも結構いそうね。

 

 

柳瀬アヤ殺人事件で、小島ゆうじが逮捕される。

美和たちが遊びに行くダーツバーをなわばりにしているドラックディーラー。

アヤとゆうじは以前つきあっていたそう。

ふたりが別れ話でもめているとき、美和が間に入って強引に話をつけたそうで…。

美和がゆうじに恨まれている可能性は十分にある。

そのため、ミチルはアヤだけでなく、美和もゆうじに殺されているんじゃないかと心配する……。

でも、晶はそれには否定的。

 

 

その同じとき、警察の事情聴取で、ゆうじは突然、アヤだけでなく美和も殺したと認め、暴れた挙句、自殺してしまう。

「あの女にはめられた」と言い残して。

 

あの女って誰だろうね。。。

 

以後は次回。

 

ところで、晶が女子高生の自宅の部屋で手がかりを探している時、背後にある大きな窓に、美和らしい人影が近づいてきてたね。

まるで、、、貞子のようで……。

 

ええええ~~、今回はホラー?

ホラーなの???

ぶるぶるぶるぶるした私。。。

 

めっちゃ!怖かった~!!

晶もその背後の気配を察知して、ものすごい眉間に皺を寄せて身構えてたし。

 

でも、振り返った時には人気はなし。

あのう、もしや霊感強いのかな?晶って…。

もしそっち系のお話なら、ちょっと覚悟して見なければ。(笑)

 

 

あと、みちる。

なかなかおもしろい子だわ。

パトカーで保護されているとき、ミニトートバッグを頭からかぶって顔を隠してる姿がかわいかった。

「顔、動画で配信されたら、私の人生が終わっちゃうじゃん!」

で、ずっとトートバッグ。また絵柄がおもしろいバッグでねえ~。ふふふ。

 

そして、岡田警視正(間宮祥太朗)。

お坊ちゃまで、超エリートだと晶によって説明されていたけれど。

本人によると、誤解を訂正しなかっただけで、裕福な家庭で育ったわけではないらしい。

 

自分のところに訪ねてくるのは、推理好きで探偵の自分のことをおもしろがっているだけと晶は思ってたんだろうけど。。。

そういう気楽なカンジが私も好きなんだけれど。

実際のところ、岡田の心境はどうなんだろうね。

 

岡田、料亭に行って、お金持ちらしい人と会ってたけど、なんだか不穏な空気だった。

あのお金持ちそうな男性、義理の兄とかじゃないかな。

 

なんだか無理難題でも言われたのか、岡田は珍しく酔っぱらって、晶のところへ。

探偵社の階段のところで、夜風にあたりながら晶の帰りを待ってる。

「酔っぱらってんの?」

岡田をみつけて、妙にやさしく声をかけたなと思っていたら、本屋でミネラルウォーターを1000円で売りつけてた。

 

岡田、なんの疑問もなく、文句も言わず、はいっと素直に千円札を差し出してたね。(笑)

ぼったくってるとそこは文句を言うべきだよね。

しかもすぐに寂しそうに帰っていった。

晶は甘くないわね。全然。(笑)

 

なんか嫌なことがあって、やけ酒飲んで、晶の顔が見たくなったんだろうね。

 

次は第6話「黒いうさぎY」

Xの次はY。

 

たのしみだわ。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

«シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第6話