ようこそ、きなこ庵のとわです(ご案内)

とにかく暑い毎日。今年は梅雨明けが早い。庭のお花もすぐにしおれる…。困った。

最新記事は下記に🎀春ドラマの感想UP中~🎵 💋次は早すぎる探偵かな

📺 💦大阪の話題は「OSAKAの一大事」に。「凡庸な私が日々思うこと」では日常のことを◆◆ココログのいいね、ありがとうございます。励みになってます

|

2022年6月29日 (水)

元カレの遺言状 感想

篠田の謎も解け、スッキリしたね。

 

そして、追加でもう一話。

 

麗子のやさしさが描かれた。

それこそ、元カレが麗子に篠田を託した理由だったし。

最後にこのお話をもってきたのは、妙に納得した。

 

私にも麗子のやさしさがよくわかって、元カレの気持ちもわかって、キレイに終了した。

 

しかし、麗子がこんなに篠田のことを心配していても、色恋の雰囲気が漂わないのは珍しい。

ほんとに、とことん漂わない。(笑)

 

これって、大泉さんのキャラのせい?

ほかの俳優さんなら漂ってたよね。。。。

 

なので、麗子&篠田は今後もどんどん続編をつくってほしいわ。

 

それにしても、グルメドラマともいえるくらい毎回、たくさんのお料理が登場した。

最終回のホールケーキを食べまくるシーンは、食事シーンの最後として、まるで打ち上げ花火のようだった。

 

うらやましい。

あんなに積み上げたホールケーキを食べてみたい。(笑)

 

 

| | コメント (0)

2022年6月28日 (火)

ポタジェガーデン便り:OS-1経口補水液に頼りっぱなし

関西地方、梅雨明けだって。。。

過去もっともはやいらしい。

去年は梅雨入りが過去もっともはやいって言ってたよね。

異常気象だねえ。。。

 

 

ここんところ、気温が高くて、畑に行くときは念のために買っておいたOS-1を持って行くようにしてる。

 

おすすめはゼリータイプ。

これ、めちゃめちゃいい!!!

 

ペットボトルのも買ってあって、持っていってるけど。

こっちの方が断然、飲みやすい。

 

ゼリータイプはかさばらないし。

 

 

念のため持っていっておこうが気楽にできる。

それと、手でつかんで、むぎゅーと絞ると、どどど~っと口の中に入ってきて飲み込むだけ。

これがとても楽ちん。

 

熱中症の時って、気分が悪かったり、ふらついたりしてるから、ペットボトルを口にあてて、首を傾けるだけでもシンドイ。

 

そのままの体勢で飲めるのはとてもいい。

 

それで2回連続でOS-1にお世話になった。

 

OS-1は脱水症状の時に飲むと甘く感じるらしい。

私は2回とも、甘くめっちゃおいしく感じた。

ダメよね。(笑)

 

気分が悪くなってきそうだと即飲む。

ちょっと頭痛がしてきたら即飲む。

こんな感じかな。

 

深刻な状況になる手前、手前で飲んで、竹林の日陰で涼んで作業を続けてるよ。

 

お野菜ひとつひとつの状況報告もしたいな。

今年は結構うまく育ってる。

 

急がば回れがコツだと今年ようやく気付いた。

コツコツすること。

 

それはまた今度。

 

熱中症にお互い気をつけましょうね。

| | コメント (0)

2022年6月27日 (月)

(海外ドラマ)トランスプラント 戦場から来た救命医

スーパードラマTVで、放送されているカナダのドラマ。

 

 

基本的には。。。

本格医療ドラマ。

舞台はカナダのトロントで一番大きな病院。

そこの救命救急で、休みなく運び込まれてくる患者を懸命に治療し続ける医師たちの話。

 

 

このドラマの主人公はシリア難民でカナダにやってきた男性医師、バッシュことバシル・ハメット。

 

母国では内戦が続き、戦場で医療活動する仲間がスマホでバッシュにアドバイスを求めてきたりする。

母国への思いを胸に、幼い妹を守りつつ、慣れない異国で救命医として働く姿が描かれる。

 

人を救いたいという気持ちはどこに行っても同じようで、バッシュが誠実に患者に接する姿に感動する。

 

ただ、内戦で心の傷を負っていて、それが度々フラッシュバック。

次第に悩まされるようになる。

 

 

このドラマ、とても印象的なシーンからはじまる。。。

 

 

青白い灯りに照らされた大衆食堂。

その厨房で大きな包丁をふるって肉を切りきざむ大柄な男性。

 

薬物でもやっているのか目つきはキョロキョロ、気もそぞろ。

ぼさぼさの髪に無精ひげ。

 

誰かに追われているのか…食堂内の客を覗いたり、厨房に戻ったり。

 

 

 

とにかくこの男性、挙動不審で怪しいの。

しかも、それを煽るように映像全体が青白く暗い。。。。

地下か?

これから何が起きるんだろう?

この男性は何者なんだろう?とドキドキする。

警察に追われているカンジにしか見えないんだもん。

 

 

 

そんな中、いきなりダンプカーが店に突っ込んでくる。

 

店が壊れる爆音と、お客の悲鳴。

その悲鳴が一瞬にしてうめき声に変化する。

 

停電で店内は真っ暗。

どうやら店は地下ではなく地上にあり、夜だった模様。

 

男性もその事故に巻き込まれ負傷するも、即座に立ち上がると、うめき声のもとへと駆けつける。

 

そして、見事な手さばきで、次々と負傷した人たちの応急処置をしていく……。

 

 

これがものすごくカッコいい。

怪しい人だったのに、一瞬にして印象が覆る。

とにかく有能で、手近にある工具などを使ってテキパキと処置をする。

 

それは戦場で怪我をした人のもとへ駆けつける医師の姿そのもの。

 

 

この応急処置、眼球の端をカットしたり、頭蓋骨にドリルで穴を開けたり。

なかなかハード。

 

でも、男性は見違えるほど頼れる医師へと変貌するの。

 

 

男性はカナダでは医師として働くことができず、食堂で働いていたみたい。

この出来事で、外科医としての腕を認められ、大病院の救命救急で働くことになる。

 

 

この男性がバッシュ。

バッシュはすぐに同僚医師からも信頼されるようになる。

 

 

「あなたは普段、そういう風なことは言わないのに、どうかした?」

バッシュの表情や言葉を気にかけ、案じてくれる同僚医師がいて、気持ちがほんわかする。

チームワークが大切な職場だから、特にそうなるのかな。。。

 

 

冒頭の青白い映像が大げさなカンジはするんだけれど。(笑)

印象が大逆転して、もうそこからグイグイ、ドラマに引きこまれていくのね。

 

 

一話を見終わるころには、難民としてやってきたこのバッシュと幼い妹が、カナダでいい人にばかりと出会いますように。

楽しさや喜びのある生活を送れますようにと願うようになる。

 

 

けれどまあ、それは杞憂に終わるんだけどね。

 

バッシュはとても優秀で頼りがいのある外科医。

診断も正確だし、小さな異変を見逃さない。さらに大胆さもある。

気は優しくて力持ちってカンジの温和な男性。

微笑むと周囲は柔らかな空気に包まれる。

 

 

このドラマの一番の魅力はバッシュのやさしい雰囲気なんだと思う。

 

これからどんなドラマが展開するのか、ワクワクする。

医療ドラマは苦手なのに、次回がたのしみで仕方ない。

 

 

機会があったら、ぜひ見てほしいな。

超おすすめ。

 

 

それとね。

 

このドラマ、スポンサーがトヨタのみ。

かつての東芝日曜劇場みたいに、一社提供。

 

 

ドラマを見るたび、トヨタさん、良いドラマをありがとうって思っちゃうの。(笑)

 

 

| | コメント (0)

2022年6月19日 (日)

ポタジェガーデン便り 竹林

うちにはポタジェガーデンの端に竹林があると前に書いたけど。

そこで少しだけ収穫できるタケノコを母がたのしみにしてるの。

 

竹林の場所は土手になっていて、土が崩れないように植えてある。

昔はどこもそう。

田舎では、いたるところにある風景。。。

竹はそんな役割を担ってきた。

 

 

ただ、その場だけで生えていてくれるだけならいいのだけれど、周りに地下茎を伸ばして勢力を拡大していくのがとてもやっかい。

 

この地下茎はとっても手ごわいの。

 

うちも畑の方に勢力を伸ばさないように気をつけているけれど、3年に一度くらいはすごい地下茎をみつける。(笑)

 

先週のこと。

 

直径10センチ長さ4~5メートルくらいの地下茎を5本もみつけた。

畑、果樹園、空き地、竹林と並んでいて、空き地に張り巡らされるように5本。

 

大体、この6月くらいにニョキっと竹やタケノコが空き地の真ん中あたりに生えだして、地下茎がそこまで侵食してることに気づく。

 

そして、私と母がスコップで掘り起こして取り除く。

地下茎掘り起こし隊。即時結成される。(笑)

 

これがかなりの重労働なのよお。

 

スコップを地面に刺して、地下茎の位置を探って探って、テコの原理で掘り起こしていく。

地下茎から出ている無数の太い根がブチブチと音を立てて切れるとかなりの達成感。

 

 

母と私はもうゲーム感覚で夢中で掘り起こしていく。

シンドイけど、おもしろさが勝ってしまう。

 

 

10年以上前、はじめて地下茎を見つけた時は、もっと本数が多かった。

母と私とで悪戦苦闘してると、通りかかった知り合いのお爺さんが「そういうのはユンボーで掘り出さないと、人力では無理だよ」と笑った。

 

 

そうか……重機でないとダメなのかあ~と思いつつ。

ずっと人力で取り除いてきた。(笑)

 

 

地下茎を抜いた後は、地面がボコボコ穴だらけになって歩きにくくなる。

そこを平坦にする余力は私と母にはない。。。。

 

なので空き地は穴だらけ。。。

 

 

昨年からポタジェガーデンにしようと果樹を植えたり、球根を植えたりしてるけど、これがあるから、竹林から7,8メートルは何も植えられない。

果樹が根付いても、竹やタケノコが出現したら、掘り起こさないといけないから。

地面だってボコボコになるしね。。。

竹林が鬱蒼としていて、日当たりも悪いから果樹や花木は育たないしね。

 

 

この7,8メートルに、「もっと何か植えないんですか?」と聞かれることもあるけど、こんな理由でできないの。。。

ほんとなら、ガンガン植えたいんだけどね。

 

あっ、でも一部は植えてる。

日陰に強い花木を。。。

 

空き地に見えるから、一応、空き地と呼んでいるだけで。

 

 

ああ、そういえば。

このブログにも書いたけど。

 

 

去年、その空き地に試しに栗の苗木を植えたの。

それが、3か月ほど経った頃に、なぜ倒れてきた竹に直撃されて苗木が折れたんだった。

 

うちの栗、竹に頭突きされたの。

いまだに信じられない。

ほんの10センチほどズレてたら、折れることもなかったのに。

 

地下茎だけでなく、竹の頭突きもあるという。。。

 

 

 

とにかく、久々の竹の地下茎はすごかった。

 

また数年は静かに過ぎていくはず。

 

そして、ある日、竹やタケノコが生えてきて、そこまで地下茎が忍び寄ってきてるのに気づく。

 

 

そして、私と母は、地下茎掘り起こし隊を速やかに結成して、夢中に掘り起こすと。。。

 

竹ってほんとに手ごわい。

 

 

| | コメント (0)

ポタジェガーデン便り:クローバーで大失敗

3年くらい前、畑の一部にクローバーの小さな塊が島みたいにできていた。

シロツメグサ。

いつの間にか生えてきたもので、島は30センチ四方くらいだった。

 

グランドカバーになるという話をネットで見ていたので、実験的にそのままにして様子を見ることにした。

 

 

果たしてクローバーはグランドカバーになるのか。。。

 

結論を言うと、たしかにクローバーが茂っているところでは、イネ科などの背がのびる草がほとんど生えなくなった。

それで、これはいいかもと、またそのまま放置。

 

3年たった今、

4m×2mの広さの地面を占領して、高さも30センチほどに。

常緑低木を飲み込む勢いになってしまった。

 

クローバーに飲み込まれたら、常緑低木も陽があたらず枯れてしまうかもしれない。

これはダメだと、せっせとクローバーを抜き始めた。

 

しか~~し。

つるが縦横無尽に何重にも絡み合って、なかなか地面が見えない。

このつるが堅くて手ごわくて、なかなか地面に埋まった根の方まで引っこ抜けない。

鎌でつるを根気よく切っていくしかない。。。

 

つると格闘してる私の姿を見た母が激怒。

3年たって、はじめてこのクローバーの島に気づいたらしい。

「どうしてこんなになるまで放置したの!」

と怒りながら、クローバーを抜き始めた。

 

草むしりが大好きな母。

というより、草を見ると意地になって抜き始める母。

もうクローバーにロックオンして、文句を言いながらガシガシ抜いてる。

 

 

クローバーむしりをひとしきりやった後、母が顔をあげてポツリ…。

 

「こんなことしてたら、お母さん、倒れてしまうわ~~~」

 

や、やばい!

 

「ごめん、ごめん。

あとは全部私がやるから、もう遠くでお茶でも飲んでて」

 

 

平身低頭とはこのことだわ…と思ってクローバーむしりに没頭した。

 

 

クローバーをグランドカバーにしてはいけない動画がいっぱいある理由がよくわかった。

 

 

クローバーは緑肥にもなるので、いいんじゃないかと思うけど。

それは耕運機のある農家さん向け。

耕運機なら手ごわいつるもあっという間に粉砕できて土に混ぜ込めるんじゃないかな。

 

ただし、小型耕運機はちょっと厳しいかも。。。

つるが絡まって歯が折れるかも。

 

クローバーは大失敗だった。

 

ほかのグランドカバーを試してみることにする。

 

ディコンドラとかどうかな。。。

 

| | コメント (0)

2022年6月12日 (日)

ポタジェガーデン便り 梅雨の季節がやってきた

梅雨の季節というと、挿し木。

そう、挿し木シーズン。

 

まあ、挿し木は4月くらいからはじまり、6月いっぱいが最終ってカンジ。

9月もチャンスはあるけど、その時も挿し木するけど。

 

4~6月ならある程度まで大きく育てて冬を迎えることができるのが利点。

 

なので、この季節にできるだけ挿し木する。

挿し木バンザイの季節。

 

またたくさんチョキチョキ切ってきては挿し木する。

| | コメント (0)

2022年5月31日 (火)

ポタジェガーデン便り 朗報アボカド

去年のいまごろ。

 

スーパーで買ったアボカドのタネを裏庭に埋めておいたの。

そしたら、芽が出ていて、畑の方へ移植したのね。

 

 

アボカドは熱帯のものなので、日本の冬を超えられないだろうと思ってたの。

 

案の定、11月ころには葉っぱも茎も赤茶色に干からびて枯れてしまった。

 

やっぱり無理だったなあ~と。

でも、抜くことはせず、ずっといままで放置。

 

ずっと赤茶色の干からびた葉っぱをつけたままこの5月まで。

 

 

で今日、草むしりのついでに抜いてしまおうと、パリパリになった葉っぱを取り除いてみると・・・。

 

なんと。

赤茶色の葉っぱの下から新しい葉が数枚出てた。

 

えええええええええええ。

まさか、冬越ししたのかい!

 

この冬、畑は霜柱が立ってたよ?

寒かったよ?

柑橘なんて枝が枯れたんだよ?

 

なのに、熱帯の植物が冬越ししたのかい!!!

 

早い段階で枯れたように見えたけど、抜かずにおいておいてよかった。

 

そうか、冬越ししたのか・・・・。

すごいなあ。

 

心がほんわり。。。

感動した。

 

 

ちなみにアボカドの苗は2本。

2本とも新芽が出ていた。

 

 

この画像がそれ。

ちょっと見にくいけど、枯れたように見える茎の下の方に葉が3,4枚。

かわいい。

名前つけようかな。

今度の冬までにできるだけ成長してよりたくましくなってほしい。

Photo_20220527203301

 

| | コメント (0)

2022年5月29日 (日)

ポタジェガーデン便り:夏野菜の植え付け終了

去年は、梅雨入りがはやくて、まだ夏野菜の植え付けが終了してない!!と嘆いたものだけど。

 

今年はなんとか梅雨入り前に植え付けが終了した。

 

すでに今年第一段の草刈りもやってみた。

また草刈りの季節がやってくるのね。

 

それに合わせるように、昨日あたりから湿度が高くなり、蚊が出現しはじめた。

ううっ、大変だあ~~。

 

 

果樹園の方も手をかけていかないとね。

 

今年は果樹園の奥に球根を植えてみようと思ってる。

ポタジェガーデンらしくなるかな。。。

 

 

下は去年、大繁茂したアレチノヌスビトハギ。

去年、散々話題にしたけれど、残っていた根からふたたび葉が出てきたよ。

この深い緑のまあるい葉。かわいいよね。

これが立ち上がってきて、小さな紫の花をつける。これも風情があっていいの。

それが三角の引っ付き虫になるのね。これが困る。

服に大量につく。

 

根は白く太くて、抜くときはスコップで掘り起こしてきっちり取り除く必要がある。

すこしでも残ると再生してしまう。

今年もコツコツ取り除かないといけない。

いよいよだわ。

Photo_20220513184701

 

 

| | コメント (0)

2022年5月23日 (月)

す・またん、、、残念リニューアル

この4月、読売テレビのす・またんがリニューアルした。。

 

 

新聞各紙を読み比べするコーナーがなくなり。

お天気のコーナーの人気気象予報士の丸田さんが降板した。

 

 

いろいろなニュースに対して新聞各紙がどう書いているかを比べるニュースコーナーが好きだった。

なので、それがなくなった今の番組にはまったく魅力を感じなくなった。

 

3年くらい前までは、辛坊さんがやっていて降板とともに、野村明大アナがそれを受け継いだんだけど。

4月からは明大さんに加えて、横須賀解説員も出演すると聞いて、かなり期待していたんだけれど。

 

 

新聞読み比べコーナーはなくなり、普通にニュースを次々と伝えていく他局とおなじものに変わった。

しかも、ニュースの時間がめっきり減り、バラエティー色が強くなった。

ただ、バラエティー色は強くなったけど、薄くもなった。

 

 

残念だわ。

 

 

辛坊さんの時は、勉強になると思って、朝の5時からリアルタイムで見ていたし、録画もしてたの。

けれど、辛坊さんがいなくなって徐々に起床時間も遅くなり、録画もしなくなった。

 

明大さんに同様のものを求めても、持ち味が違うしね。

明大さんはチャーミングで好きなの。

 

す・またんリニューアル後は、朝からテレビ局をザッピングする日々。

最近は安住さんのをちょっと見て、YouTubeに切り替えるようになってしまってる。

 

もう朝から見たいテレビ番組がない。。。。

ないわ・・・。

 

と嘆いていたら、YouTubeで、「辛坊の旅」という辛坊さんの公式チャンネルが始まってるのを発見。

 

辛坊さんは、月曜から木曜の午後3時ころからラジオをやってるのね。

前から知ってたけど、ラジコで聴くのは面倒で。

 

それが最近、YouTubeでも「辛坊のズームそこまで言うか!」がアップされるようになった。

 

それを朝から聴くように。

まるで、昔のす・またんが戻ってきたようなの。

 

 

うれしくて、ほとんど毎日、YouTubeを見てる。

 

 

「辛坊の旅」の方では、かつてと同じように、新聞各紙を読み比べもしているし。

 

これよ、これが聴きたかったのよ。。。

 

 

この間ね。

 

す・またんを見ていたら、スタジオのセットが白っぽく明るくなったという話題になって。

 

「す・またんは若いママさんたちが多く見てくれているので、それに合わせたんですよ~」と笑ってMCが答えていた。

 

 

ああ、そうだったのかと合点がいった。

 

 

辛坊さんが降板し、森さんが定年で番組を降板し、スタジオの主要メンバーは20代30代になったのを機に若返りを図ったのね。

 

なるほど。

それで納得したの。

 

もう、早く言ってくれたらいいのに~。

気づいていない私が鈍いのか。

 

 

そういえば、40代以上のレギュラー陣がすべていなくなってたわ。

明大さんを除いて。

 

芸能レポーターさん達や、落語家さんも。ざっくりいなくなった。

 

いなくなったのは、丸田さんだけじゃなかったのね。

 

ちなみに、丸田さんはTBSの土曜早朝の番組に出演してるらしい。

母が目撃したと言っていた。

 

 

おもしろいコーナーもすべて終了。

ほんわかテレビとか、探偵ナイトスクープ的なおもしろいコーナーがちょこちょこあったのに、すべて終了。

珍生物ハンターとか、名物お菓子の誕生物語(再現ドラマ)とか、関西ラーメンファイルとか、アクの強い企画がなくなった。

 

おもしろいコーナーがなくなって、番組がスッカスカになってるんだけど。。。

 

 

10年くらいかけて築いてきた番組らしさをまったく払拭してしまうって、ものすごい決断だよね。

なぜこんなに骨抜きになったんだろう……。

 

 

辛坊さんが抜けた後もがんばっていたのに。

森ちゃんが辞めてしまったのが大きかったなあ。

 

 

祝日も放送短縮になっちゃったし。

たまにこういう番組があるけど、実はこれってものすごく手抜き感が漂う。

本来の番組なら、ちゃんと放送するものね。

 

 

2000回を記念して、オリジナルの盆踊りを踊っていた時が最高潮だったのね。

 

 

私は「辛坊の旅」公式チャンネルを見つけたので、もうこれでいい。。。

 

 

す・またんリニューアル、ほんと残念だ。

 

す・またんと言えば、ニュースコーナーだったんだけどな。

若いママさん達もニュースコーナー好きだったと思うけど。

 

いまの番組を喜んで見てるんだろうか。。。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月 7日 (土)

グッドワイフ シーズン6見ちゃった

CSで見ているグッドワイフ。

 

シーズン1~5は見てないの。

一挙放送してくれたら、絶対に見たいわ。

 

アメリカの主に弁護士の世界を描いているんだけれど、もうすごい。

それぞれの思惑によって、罠にはめたり、はめられたり。

 

主人公が言ってるけど、新人の弁護士に正義を目指してるんですよね?と聞かれ、

そうではなくて、パズルを解くようなもの、と。

 

清濁併せ呑む部分ばかりで、生き馬の目を抜く世界そのもの。

 

1話見ると、引きこまれてどっと疲れる。(笑)

特に終盤、凄まじい。。。

 

 

 

アメリカドラマの群像劇って、なんでこんなにすごいの?

得意なんだよね。

今現在放送してるドラマも群像劇が多い。

 

 

ヒルストリートブルーズっていう警察署の群像劇があったんだけど、あれも記憶に残りつづけるドラマだった。

始終、バタバタして目まぐるしい展開だけれど、きっちりとまとまってる。

 

 

日本もこういうドラマに取り組んでほしいわ。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

«元彼の遺言状 第1,2話感想