ようこそ、きなこ庵のとわです(ご案内)

只今、DVDレコーダーが故障してドラマを録画できてません。ということで視聴できてません(泣)

📺 💦大阪の話題は「OSAKAの一大事」に。「凡庸な私が日々思うこと」では日常のことを◆◆ココログのいいね、ありがとうございます。励みになってます

|

2023年12月31日 (日)

今年はいろんなことがありました。。。

年末のご挨拶を。

 

今年はしんどい年でした。

 

7月から母が脊椎圧迫骨折で自宅療養生活に。

11月ごろにはなんとか普通の生活ができそうになっていたところに、再び骨折。

療養生活に。母曰く、なぜそうなったのかわからないそう。

 

プチ介護は、今まで分担してやっていたすべてのことをひとりでやるようになって大変だった。

 

ただ、それで、苦手だったゴミ分別は完璧に。(笑)

ルールを決めてしまうと、そのやり方を崩すことの方が難しくなるもので、母も復活した時も私のやり方を踏襲してくれた。

 

 

夏は猛暑の中、カミキリムシ対策。

以前からカミキリムシの被害を母から聞いていたことは聞いていたんだけれど、今年は私ひとりで対応。

 

7月、みかんの木の下に潜っていたら、目の前にカミキリムシが2匹落ちてきてビックリ。

そこからは夏の間中、監視。やきもきする毎日だった。

はじめてカミキリムシ駆除の薬も散布したり塗布したり。

 

 

残念だったのが、長年見事なお花を見せてくれていたサザンカが2本とも、カミキリムシの幼虫に幹を食い尽くされて枯れてしまったこと。

もっと気をつけていたらと悔しくてたまらない。

 

畑にも行って、ひとりで果樹の薬の散布をして、こういう防除に対して随分慣れた。。。

 

カミキリムシの被害はどこもかなり多いみたい。

YouTubeにも困っている人が動画をあげていて、参考にさせてもらった。

この冬の間に幹にネットを張って物理的に産卵できないような対策をする予定。

 

秋になっても暑い日が続いて、ようやく11月になって気温が下がってきてホッとひと息。

今年は猛暑で畑の作業はほとんどできず。

秋冬野菜の植え付けはほとんどしてない。

自宅で種まきして育てた苗を畑に植えて、例年、多く作っている葉物野菜の種まきは最小限に。

 

当然、草刈も最小限に。

 

毎年、母とふたりでやってきたからできた畑作業。

母は合理的だし、アイデアもあるし、ガッツもあるので、随分助けられてた。

今後はそんなわけにもいかなくなってくるので、管理しやすいように整えていかないといけないと考え中。

 

 

そんな中、12月に入って今度は私が畑で転倒、ろっ骨を土留めに使っていた棒で突いて、私も療養生活に。

 

これは結構、落ち込んだ。

他にもいろいろあって、なんだかずっと疲れが抜けない状態のまま、年末に突入。

 

それがいまの現状。。。

 

 

唯一のストレス発散はガーデニング。

ホームセンターでお花の苗を選んで購入してくる。

試行錯誤しながら育てるのはたのしい。

ただ、ひとりで気楽にできる趣味だけれど、最近それもちょっと虚しさを感じたりして。

 

 

この秋冬は、ガーデンシクラメンからはじまり、ラナンキュラスラックス、ダリアと手を広げた。

なんと、偶然だけれど、すべて球根植物。。。

 

 

球根類は夏や冬に掘り上げるか、水を切って保管しないといけなくてひと手間かかるので避けていたのに。

夏の猛暑にはその方が潔い感じがして。

 

今年の猛暑はお花にも負担がかかりすぎて、一日2度水やりをしないといけなかった。

なので、来年は春夏のお花は最小限にするので、球根植物のお世話もできそうかなと。

 

来年もこのままで、あまり状況が変わらないので、年末年始もあってないようなもんなんだけれど。

 

 

とりあえず、新年に突入するでしょう。

 

大掃除もお節作りも最小限。

ぼちぼち、ムリせずに進めてます。

 

ではでは。

皆さまもいろんなことがあるかと思いますが、良いお年を。

 

 

| | コメント (0)

2023年12月19日 (火)

プチ介護 私も療養?

今年はプチ介護と夏の猛暑のせいで、畑の作業もサボりぎみ。

 

そのせいで、小さな果樹園も畑も草がボーボー。

 

イネ科の雑草が枯れて風になびいてる。

景観的によろしくない状況。

 

 

気になっていたので、すこししか作れていない秋冬野菜の収穫と草むしり&草刈りに行ってきた。

 

 

収穫を終えて、焼け石に水状態だけれど、とにかく雑草の中に飛び込んで草むしり。

意外とイネ科の雑草は根元が腐り始めていて抜きにくくはない。

けれど、葉が他の雑草としっかりからまっているので取り除くにはひと苦労。。。

 

その草むしり中に転倒した。

畑ではよくあることなんだけれど、今までは無事だった。

 

雑草で足元が見えず、土の凹み部分に足を入れてバランスを崩した。

今回は土留めのために作った柵の上に倒れこみ、棒がろっ骨を直撃。

 

ろっ骨が動き、中の内臓にまで響く痛みを感じた。

 

とっさに、やっちまったわあ!!と目の前に真っ暗になり、冷汗が。

 

 

母も再療養してる今、私まで動けなくなったら、どうしよう。。。。。

それが頭の中に渦巻いた。

 

 

畑や果樹園で、どこに何があるのかは、草に覆われていても把握できていた。

でも、今年はあまりに草丈が高くて、果樹と畑の畝との距離がつかめなくなってた。

 

 

案の定、転倒。

今回のことで反省。

 

特に果樹園には余計なものはおかず、もっとスッキリキレイに整理する。

土留めの柵はいるけれど、余計な仕切りとか、花壇用の柵とか、少しずつ外していく。

ちょっと花壇を作ってみたいとか、いろいろ試さずにシンプルに平坦な果樹園を目指す。

 

それと、草の管理もできるだけする。

草刈り機で草を刈って、常に地面が見えるようにする。

 

今年のようにプチ介護することも今後は多くなってくるだろうし、私もどうなるかわからない。

草刈りが常にできてる環境を維持するのはかなり難しいけれど、ムリせずにやっていく。

 

 

ろっ骨は数日、様子見。

痛みはあるけれど、内出血はまったくない。

 

2日目に痛みが本格化したけれど、その後はムリをしなければ、痛みもあまりない状態。

 

様子見が続く。。。

 

しかし、このことで療養生活の母も、より協力的になって、かなりの部分、自分でするように。

 

 

私の転倒で、のんびり寝てられなくなった模様。。。。。。(笑)

 

 

年末の大掃除やお買い物は縮小。

ムリをしない年末年始になりそう。。。

 

 

| | コメント (0)

2023年12月17日 (日)

プチ介護 母、療養ふたたび

うちの母、8月からの療養で随分状況が良くなり、最近はお買い物や畑などに出かけるようになってきていたものの。。。

 

10月、11月は、私も結構、体力的にも気分的にも楽になってきていたんだけど。。。

 

油断したのか、ふたたび骨折?

当初と同じような痛みに襲われ、体調が振り出しに戻ってしまった。

 

動けるようになると、うれしくて、はりきって無茶をしたみたい。

なにが原因でそうなったのかはわからないらしいけど。

 

 

ふたたびの療養生活。

 

母も落ち込んでいるけれど、私も残念で仕方ない。

 

一日、一日と安静と適切なリハビリを積み重ねてきただけにふたりで意気消沈。

もう大丈夫と思った時が一番、注意しないといけないらしい。

 

 

動けるようになるとうれしくて、つい動きすぎてしまうのね。

 

ようやくプチ介護と夏の猛暑の疲れが抜けてきたところだったけど。

日常生活も畑仕事も自然に元に戻ってきていたのに、また振り出しに戻るのはなかなか……。

 

受け入れがたくてシンドイ。

 

 

まあ、そんなことも言ってられないので、もう一度最初から積み重ねていく。

お正月を挟んでの療養ははじめて。

 

いろいろサボりつつ、年末年始を迎えよう。

 

| | コメント (0)

2023年12月16日 (土)

猫踏んじゃった 続き

秋がやってきて、徐々に気分が上がってきた昨今。

庭の掃除や宿根草の植え付け、パンジービオラの寄せ植えとせっせと活動。

 

ようやく一段落した。

今年は花苗の生産者さんも夏の猛暑に振り回されたみたい。

パンジービオラの入荷が遅れて、11月半ばくらいから本格的に店頭に並び始めた。

通常ならはやいと10月はじめから並び始めるんだけれど。

 

私はガーデニングで元気をもらって、エネルギーがチャージされているカンジ。。。

 

そんな中で、窓から作った寄せ植えなどを眺めていたら…。

 

 

なんと!!!

目の前、2メートルほどの距離に、キョトンとした目でこちらを見上げている猫一匹。

 

窓ガラス越しとはいえ、私と猫の距離は2メートル!!!

 

えええええええ。。。。

 

いまだかつてこんなに私に近づいた猫はいない……。

 

驚いたのは私の方。

 

向こうは私がみつけるのをキチンと座って待っていた。。。

 

なぜいるの???

猫と目があったままの数十秒、私は膠着してた。

 

 

まだ若い方の成猫。

キジトラのような模様で、あご下に白い毛。やや長毛。

キレイで、汚れナシ、ふっくらしていて、人馴れしてるカンジ。

 

 

突然、動いたら逃げちゃうだろうし…、ガラス越しに見つめるしかできないなあと。

おやつを待ってるのかな?

でも、猫のおやつなんてないしなあ。

触ったことないから、触ってみたなあ……。

 

短い間にいろんなことを考えてた。

 

数十秒みつめあっていたけれど、やがて猫は裏庭の方へ向かった。

 

 

「おやつ、くれる? くれない? じゃあ、行くね」

そんな風だった。

 

 

猫をもう少し見たくて、裏庭が見える部屋に移動して、そっと窓を開けて身を乗り出してみると。

 

そこに猫がいてこちらを見ること2回。

 

「おやつ、くれる? くれない? じゃあ、行くね」

 

そんなカンジで、ゆっくりと歩いて塀にのぼり、隣の庭へとジャンプして消えてしまった。

 

合計3回、猫と目があった。

 

人生初の猫とのふれあいタイムだった。

警戒して走り去ってしまう猫ばかりなのに、あの猫はなんて人懐っこいんだろう。

 

 

猫のフン被害で頭を抱えている母に伝えたものか、しばし迷ったけれど。

 

 

今ねぇ、そこに猫がいたよ~~と伝えてしまった。

めちゃめちゃかわいかったっっ!!!!

と言うと、意外にも母の反応が。

 

そうでしょう!!!

かわいいよねえ~~。

フンをしないでくれたら、庭で遊ぶくらい全然構わないのに。。。。と。

 

 

母が目撃した猫と同じかどうかわからないけれど、目撃情報では似てる。

 

それから、小一時間、かわいい、かわいいで盛り上がった。

 

 

多分、どこかのおうちの猫で放し飼いされているんじゃないかな。

まったく汚れてなくて、毛並みもキレイ。人馴れしてる。

 

いろんなお宅でチュールをもらってそう。(笑)

 

交通事故や病気もあるから、おうちの中で飼ってほしいけど。。。

 

 

ここんところ、花苗を植えるために用意してある鉢の土が外に掻き出してあったり、植木鉢が倒れていたりってことが続いてた。

フンをしてる気配はなくて、遊んでるだけかなって思っていたんだけれど。。。

 

あの猫が遊びにきてたのかもね。

 

庭の土壌改良をしてるから、土がフカフカで、フンがしたくなるんだろうなあ。

 

 

 

夏頃、うちの庭にどんな対策をしても、意地でもフンをしていく猫がいて、悩まされつつも。。。

その気の強さがおかしくて笑えちゃってかわいいなあ、どんな猫が見たいなあと思ってたんだけれど。。。

母の目撃情報によると、じゃりン子チエの小鉄みたいな猫らしい。

 

うちの庭に来る猫は3匹くらい。

いろんなタイプの猫がいるんだな。。。

 

その白ひげの猫はそれ以来、一度も見てない。

一段と寒くなったので、飼い主さんが外に出さなくなったのかなと想像。

 

それにしても、私って猫に嫌われてるわけではないんだな。

ずっと嫌われてると思ってたよ。

 

追伸

あれからあの猫はやってこない。

けれど、2週間たった頃、今度は裏庭の通路、コンクリートの上にフンがしてあった。

 

小鉄か、白ヒゲちゃんか、どっちにもしても勘弁して。。。

フンの始末って大変なのよ。。。

 

 

| | コメント (0)

2023年11月12日 (日)

クリスマスローズチャレンジ 第10弾 2年目ではじめて生き残った株と来シーズンの予定。

クリスマスローズチャレンジ2年目の結果は、3株残っただけだった。

 

 

ピンクフロストは少しだけ根腐れがあったものの、元気で夏越し成功。

 

ダルシットはほとんどの葉が枯れていて、根を見てみると大半が黒くばロボロになってた。

それを丁寧に落として、かろうじて残っている根を、一回り小さな鉢に植えつけた。

葉が2枚の小さな株になってしまったけれど、新芽が2,3確認でき、現在は大きく育ってる。

 

そして、もう一鉢は、ダメになったと思っていたキャメロット。

大株と表現していたけれど、それはうちでは一番大きい株ということで、7号鉢入りだったの。

 

8月の終わりころには、葉がすべて枯れて、地上部は黒い株の塊が見える程度。

もうダメだろうと思っていたけれど、鉢を解体して原因を探った方がいいとYouTubeの園芸家さんが言っていたので、解体。

6割くらいの根が黒くボロボロに。

けれど、なぜか4割は生きた根があり、キレイに腐った根を取り除いて5号鉢に植え直した。

 

地上部は新芽が出そうな場所はなくて、黒い株の塊があるのみなので、生きた根もどんどん腐っていくんだろうと思っていたんだけれど。

 

水管理だけして、11月まで放置。

さすがにもうあきらめようと、鉢を眺めていたら、なんと!!!

黒い塊から少し離れた場所に1センチほどの爪楊枝みたいなのが出ていて。

 

これなに?これなに???これなに????

もうしかして、新芽????

 

もうドキドキ。

 

それで何を思ったのか、鉢を解体。

そっとしておいてあげた方がいいよね?と思いつつ、再び、根の様子を確認。

 

それで、あらたに腐っている根を取り除き、傷んでる根の先もカット。

黒い塊を少しでも取り除きたかったけれど、硬くて断念。

 

そっとそっと、新しい土で植え直した。

5号ロング鉢から5号普通鉢へと。

 

2週間ほど経った今は、1本だけだった新芽が4本に。

1センチの爪楊枝が4本に。。。かわいい。。。

 

もう毎日、液肥をあげたいところだけれど、グッと我慢。(笑)

 

 

こんな荒療治に耐えるなんて、クリローは丈夫だとやっと思えた。

なのに、夏越しはどうしてこんなにダメなんだろう。。。

 

 

YouTubeではクリローをもりもり育てている人ばかりなので、ほんと尊敬する。

培養土に関しては、変わらないくらい工夫してるんだけどな。。。

 

 

とにかく、ピンクフロストとダルシットとキャメロット。

3鉢残った。

 

ダルシットとキャメロットは今年はお花が咲かないけど、全然構わない。

しっかり株を育てて、来年の夏越し用に体力をつけさせる。

 

 

ピンクフロストの根を見ても思ったんだけれど。

もう少し、根を張らせる努力をした方がいいかもしれない。

 

 

休眠期の夏越しに必死すぎて、成長期になったら割と気が抜けてしまう。

 

置き肥を1か月に一回あげているけれど、量は少なめ。

液肥はあまりあげてない。

 

私は元々、肥料は忘れがち。気をつけているけれど、元肥さえ忘れてしまうことがある。。。。

 

土にも植物にもパワーがあるから、肥料はほんの小さなサポート役としか思ってなかった。

でも、とくに鉢物は肥料に頼るところが大きいのかも。

 

 

園芸家さん達も、モリモリ育てるには液肥を週に一度かけるとよく言ってる。

聞き流していたけれど、肥料も大事なのね。

 

 

クリローは乾燥気味に管理するので、毎日水をあげるわけじゃない。

なので、水で溶けだす置き肥より、液肥をあげた方がいいのかもしれない。

 

 

ただ、排水性の良い土にしてるせいで、保肥力があまりないのよねえ。

だから、置き肥と液肥が必要なのか・・・。

 

3年目は、肥料多めに対応していこうと思う。

 

 

それと、見た目、元気な株であっても、葉が一枚でも枯れていたら、根が一部分が腐ってるというのも新発見だった。

 

 

ピンクフロストも1枚、葉が黒く干からびていたけれど、根を見たら一部だけれど、腐っていた。

 

 

8月ごろ、こういう風に枯れだした株があったけれど、暑いからと植え替えをためらって結局株を枯らしたことがあった。

 

 

クリスマスローズのエキスパートの横山園芸さんや野々口さんのYouTubeによると、夏でも鉢から根を出して、腐った部分を取り除いた方がいいとのこと。

 

酷暑だったので、植え替えは一気に株を弱らせそうできなかった。

来年はためらわずに挑戦したい。

 

 

この秋冬の課題は、肥料。

液肥を増やして、株を太らせたい。

それが過酷な夏越しのための体力作りになると信じて。

 

 

2年目に入るとき、全滅したらクリロー栽培はやめようと思っていたけれど。

3株残ってくれたので、ちょっと気持ちがつながった。

 

大半を枯らしてしまったけれど、その反省をふまえて、来シーズンも育ててみたいという思いがふつふつと。

 

 

それで、お花ナシのニゲル系の株をネットで購入した。

さらに、小さめのオリエンタリス系(2月ごろから咲くクリロー)も数鉢購入。

あとは、店頭にクリローが並んだら、小さな株をもう少し足したい。

お花ナシの小さ目の株はお手軽価格なのね。。。

 

 

そして、3年目は地植えにも挑戦する。

ただ、鉢で大きく育ててからがいいのか、そのまま地植えした方がいいのか。。。。

 

悩むところ…。

 

 

クリスマスローズ3年目。

突入。。。

 

クリスマスローズチャレンジは続くよ。

 

| | コメント (0)

秋のガーデニング・今年のテーマは…。

今年の夏はほんとに暑かった。

 

畑に30分もいれば、頭が痛くなってきて、収穫と見回りするくらいしかできなかった。

なので、真夏は草刈りもせず、放置。

 

それまではまめに草刈りをしていたのに、あっという間に腰丈の雑草に埋まってしまった。

 

9月も暑くて、秋冬野菜の植え付けも最小限。

10月も収穫のみ。。。

 

今年はとにかく疲れていて、かなりあきらめモード。。。

畑の方はもう何もする気がしない。。。

 

 

庭の方はというと、、、。

 

 

こちらも水やりが大変だった。

あっという間に土が乾いてお花が干からびてしまう。

一日一度の水やりではムリなんじゃないかと思うくらい。

 

 

そんな今までにない経験をしたため、来年は春夏のお花はかなり控えようと心に決めた。

いろいろお花や低木を増やしてたり、挿し木もガンガンやっていたけれど、全面的に控える。

 

その変わり、秋冬はガーデニングに力を入れる。

 

 

しかし、この猛暑のせいで、お花屋さんに旬のお花がほとんどない状況なのね…。

11月半ばになってきて、ようやく秋冬植えのお花が充実してきた。

 

 

かなりゆっくりの秋ガーデニングのスタートになってる。

疲れているので、ゆっくりモードはちょうどいいんだけれど。

 

それにしても、お花が少ない。

 

 

今年は、9月ころに小菊、りんどうに注目。

風情があっていいなあと、購入。

疲れた心に沁みる美しさ。。。。

 

りんどうは9月の暑さをうまく乗り切って、ただいま新芽がガンガン出てきてる。

小菊は花盛り。

 

 

10月に入ってからは、秋植え宿根草とガーデンシクラメンに挑戦したいと思うようになった。

 

秋植え宿根草は来年の初夏あたりにしっかりと咲くようにしたいので、5号鉢に植えたものの、11月に入ってからすべて地植えした。

5号鉢で根が張ってきてるのがわかったので、より広い場所に植えたの。

 

 

 

ガーデンシクラメンは、初挑戦。

 

昔、シクラメンを枯らしたことがあって、私には栽培はムリと思っていたんだけれど。

 

なんと!

 

今は改良された屋外で育てられる、新しタイプのシクラメンが出てるのね。

強健で耐寒性も抜群と聴いて、それならばと購入した。

 

夏に弱く、夏越しのタイミングがクリスマスローズと同じだと知り、俄然やる気が出てしまった。

一緒に管理すればいいんなら、やってみようかなと。

それでも、育てるにはいろいろ工夫が必要なようで、YouTubeでお勉強中。

 

「でべそ植え」というのをするらしい。

1センチほど、表面の土から出して植えるらしい。

でも、これが結構難しい。

私の植え方はでべそすぎて……。

大事なポイントだと言われると、どうしても忠実に、すると極端なでべそになってしまって。。。

 

で、飛び出して植え付けると、すぐに手が当たって株が揺れるの。。。

こんな状況では周りの土に根を伸ばしても、すぐに切れてしまうわと、心配で心配で。。。

 

触らず、近づかず、少し離れたところから様子見してる毎日。。。

 

 

でも、楽しみ。

 

そして、クリスマスローズ。

 

結果は別の記事で。

 

結局、今年の反省を踏まえて、この秋からふたたび、クリスマスローズチャレンジを開始する~。

 

今回は、ほかに小さめの株を購入して、地植えにもチャレンジ!!

この地植えはまだやったことがないので、やってみる!

 

 

楽しみだわあ~。

 

 

お疲れモードが徐々に消えていって、心も秋晴れかな。

 

お花と緑と土に癒されよう。。。

 

まずは庭掃除から。

 

| | コメント (0)

2023年11月 1日 (水)

プチ介護と猫、踏んじゃったのその後

猫、踏んじゃったのその後、どうなったかというと。。。

 

猫は一応、警戒はしてくれてると思うけど、たまにフンをして帰っていく。

 

 

どうもうちにやってくるのは勝気な個体のようだ。

フンはここですると決めているのか、なんとしても入ってくる。

3匹くらい近所にはいるみたいだけれど。

 

 

木酢液を芝生にかけてみたけれど、定期的に降る雨に流されてるせいか、効き目なし。

 

昔、侵入を目撃した場所はしっかり網を張って入れなくした。

 

けれど、再びフンをされる。

 

網を張ったところ以外で、侵入口となりそうな場所は玄関。

 

玄関は上から飛んで入ってくるんだろう。

 

 

そこで動いたのが、母。

 

母は脊椎骨折でベッドで療養中だったのだけれど、猫侵入で庭が気になって仕方ない。

 

そうこうするうち、猫が玄関の上から侵入。

夜に植木鉢が転がる音を聞いたそう。

 

そして早朝、リハビリを兼ねて庭に出ていたら、玄関前を歩く猫も目撃。

 

 

それ以来、母は庭に出る機会が日に日に増え、猫を監視することに。。。

 

骨折後の運動スケジュールとしても、ちょうどいいタイミングで外に出ることができた。(笑)

歩いては寝ころんでの繰り返しだけれど、日増しに歩き方が力強くなってきている。

 

猫と母との攻防ははじまったばかり。

けれど、母はなんだか楽しんであれこれやっている。

 

 

| | コメント (0)

2023年9月23日 (土)

クリスマスローズチャレンジ!9月の状況 第7弾

 

この8月、猛暑のうえ、台風8号が直撃。

台風対策でいろいろ大変だった。

 

 

あまりの猛暑で毎日、水やりをしても枯れていくお花が続出。

園芸もほどほどにしておこうと自分を戒めることに。

 

 

特に、春夏のお花の購入はもうセーブする。

梅雨で病気、虫が発生しやすいし、夏は水枯れがひどいから。

 

肝に銘じておかないといけない。

 

 

 

そんな中、クリローはというと。。。

 

 

台風時には、7鉢すべて玄関に入れていた。

直前まで外に置いておこうと思っていたけれど、念のために家に入れた。

 

でも、それが正解だった。

 

クリローの置いていた場所は軒下にもかかわらず横殴りの雨でびしょびしょ。

根腐れが怖いので雨にあたらなくて良かった。

 

 

なのにその後。

 

一週間連続で夕方になると激しい雷雨。

 

風はそれほどでもなかったので、油断してた。

横殴りの雨があたっていたのかもしれない。。。

 

寒冷紗もかけているから、それが雨除けになっているだろうと気楽に構えていたの。

 

これだけが原因ではないだろるけど。

ぽつりぽつりと根腐れの株が出始めた。

 

 

夏越しに挑んだのは、7鉢。

 

 

調子のいいのはピンクフロスト。

これは全然、変わらず。

私の腕ではなく、元々、元気な株だったんだろうなあ。

 

 

ダナズダルシット。こちらも元気。

この株は購入時、根もキレイで、株もしっかりしてた。

やっぱり元々、強かったんだろうなあ。

 

 

アーリーローズ。

こちらも元気なんだけれど、新芽の縁が枯れてきていて、根腐れが怪しい。

警戒中。

 

この3株は、ほんとに元々、強い株だったんだろう。

 

 

 

クリスマスローズダブル。

メルロー。レッド。

 

 

この3株は葉が枯れて枝も枯れて。

地表部はほぼほぼダメな状態。

新芽が出てきてくれたらなあ~と様子見。

 

 

 

大株のキャメロットは、葉はなく枯れた枝のみ。

こちらも根腐れとまではいかなくて、新芽が出てくるかなあ~と様子見。

土が定期的に乾くので、生きてるとは思う。

 

 

 

やはりクリローの夏越し、かなり難しい。

青い葉が残っているのは7鉢中、2鉢になってしまった。

 

 

今年はクりスマスローズチャレンジと銘打って、じぃ~~とクリローを観察してきた一年。

 

 

そのため、ホームセンターや花屋さんで売ってるクリローの品種を最低2株ずつ購入して、チャレンジしてきた。

どれもこれも根腐れっていうのは厳しい結果。

 

一部、灰色カビ病にかかったのもあったけれど、5月までは元気に成長。

その後、ゆっくりと一株、一株、小さな株から根腐れでダメになっていった。

 

 

 

どうしたらいいんだろう。

 

 

茎の根元が腐ってゴッソリ葉が取れた株を、鉢から抜いて解体してみたら、根は黒くもろくパラパラと崩れた。

匂いはなく、まるで腐葉土のようだった。

 

 

水はけの良い配合土を使っても、こんなに根腐れするっていうのは私の腕が未熟で水分コントロールができてないんだろう。

それはもう大前提の話。

 

 

ただ、ちょっと思ったのは。

 

昨年の秋の購入後、一回り大きなスリット鉢に植えたんだけれど、あまり根が育ってなかったの。

ビッチリ根がまわって根鉢ができていてもおかしくないと思うんだけれど。。。

 

 

クリスマスローズを昨年の秋から今年の5月まで、しっかりと成長させていたら、根が旺盛に水分を吸って鉢が乾燥ぎみになり、根腐れもなかったのかもしれない。

 

 

これはすべての株に言える。

大きく成長させることに意識をもっていくべきだったのかも。

 

 

いよいよ梅雨、夏越しだと警戒してて、花後3,4月くらいから日陰に置いてしまっていたし。

これでは3月~5月、休眠期前の成長ができないよね。

 

 

肥料もそこまで熱心にあげてなくて、元肥のマグァンプに頼っていて、3回くらいしか追肥はしてない。

また、花後、5月に肥料が切れるようにするんだけれど、3,4月には肥料を切ってた。

5月に肥料が効いていてはダメってことを気にしすぎて、早く肥料切れさせすぎたかも。

 

 

反省点はいろいろある。

 

 

元気なピンクフロストの根鉢がどうなっているのか、見たいところだけれど。

それは、来月植え替えの時にならないとわからない。。。

 

 

今年もなんだか全滅に近いクリロー。。。

元気な2鉢は元々、強い株だった。

 

私の努力は実を結んでいない。

 

 

まだしばらく暑さが続くけれど、夏越し、なんとか成功してほしいなあ。。。。

 

| | コメント (0)

プチ介護 Gにおびえる

1か月前に書いた記事。。。

 

 

Gが怖いので、ブラックキャップを家のいたるところに置いてる。

 

 

ホイホイも置いていたけれど、Gではなく、私が捕まってしまうことが多々あって。。。

 

そう。足先を突っこんで、粘着シートに張り付いて、Gより先に私がホイホイされてしまう。

これが、年に何回もある。

 

張り付くとなかなか取れないの、あれ。

しかも、ホイホイにGが入ってるかもしれないと思うと、泣きそうになるし。

 

あんまりいいことがない。。。。

 

 

 

で、最近はもっぱら黒いのを使ってる。

 

黒いのもYouTubeを見ると、見えるところに置いておいてはダメらしい。

 

それで教えられたとおり、流し台の下や暗くてジメジメしたところに置くようにしてみたら。

 

 

なんと!!!

 

流しの下でGを発見。

黒い…ゴキキャップの横でお亡くなりになってた。

 

こんなところを通っていたのか…。

 

 

どうしよう。回収しないといけない。

 

 

たしか、CMでは、巣に帰って巣ごと全滅とか言ってなかった???

 

 

帰る間もなく、即死してるじゃない?

効き目がありすぎるってこと?

 

困る・・・。

 

私はGに近づくこともできない。。。

 

 

どうしよう…。

でも、母は脊椎骨折で動けない。。。

 

私がやらねばならぬ。。。

 

 

でも、できない。

 

 

呆然と突っ立って悩みに悩んでいたら、見かねた母が医療用のコルセットをして這うようにしてやってきて、Gを取ってくれた。

 

 

ほんとに、ほんとに申し訳ない。。。。

 

 

前回のプチ介護の際に、G対策として。

柄の長いチリトリとホウキ、長いトング、さらに長い柄で先につまむものがついているマジックハンドまで買ってあるのに。

 

 

怖くてそこまでも近づけない。

 

 

紙にくるんだGの死骸を渡されて、悲鳴を押し殺しながら、ビニールに入れてしっかり口を結んで捨てた。

 

死骸でも怖いのよ~。

 

 

ホッとひと息ついて、あらためて危機感をもったのは。

生きてるGが出てきた時のこと。

 

 

走り回るGを追いかけることは今の母にはできないし。

対応は私がすることになる。

 

 

生きてるGが出たら、どうしよう。

 

 

私、動作がゆっくりしてるから、捕殺することはできないだろうし。

でも、見逃したら、退治するまで眠れないし。

 

 

G退治のスプレーの強力なのと、瞬間冷凍するやつ(出川さんのCMの)など何種類か買って備えるしかない。

 

 

とりあえず、ブラックキャップ、がんばってくれい。

1年モノを家中に置いた。

 

 

死骸なら勇気を出して、マジックハンドと柄の長いチリトリでなんとかする。。。

 

 

 

その後は流し台の掃除。

流し台下にいれてある調味料やら、食器・鍋類をすべて出して、全体を消毒して拭き掃除。

 

 

使っているものを残し、使っていないものは出して整理しなおした。

 

 

スッキリはしたけど、ふううう~~、疲れた。

 

 

それにしても、この夏はほんとにいろいろある。

 

 

| | コメント (0)

2023年9月16日 (土)

日曜劇場「VIVANT」ヴィヴァント 最終回を前に!!

ネットの口コミで大変おもしろいと聞き、1話から見た。

 

VIVANT、めちゃめちゃおもしろい!!!!

ぜひ、今からでも見てみて!!!

 

 

ブルーレイレコーダーが故障していて録画できてなかったので、見逃し配信で1~3話を。

その後、録画できていた4~6話を見たよ。

 

途中、画像が乱れながらも、なんとか見られた!!!

 

どうしよう。

買い換えようと思っていたけれど、なんとかいけそうかも。(笑)

 

 

それにしても、VIVANT、めちゃくちゃおもしろい!!!!

 

1話、1話の進展が濃いので、ここまでのあらすじを~なんて簡単に言えない。

楽しみが減るので、もったいない。

 

大事に1話、1話を見て進んでいってね。

 

流れていく物語を、自分がドラマの中で旅するように、じっくり楽しんでほしい。

 

 

それにしても、VIVANTのおかげで、再びドラマ熱が復活したよ。

 

しっかりチェックして地上波のドラマも楽しむぞ!!!

 

 

私はこの後、7話からじっくり見ていくので、明日の最終回はリアルタイムで見ないかも。

 

でも、最終回は楽しみ。

 

7話からの展開はどうなっていくんだろう。

ワクワクするわあ。

 

 

| | コメント (0)

«プチ介護 猫、踏んじゃった!